ロマサガRSでは冷・雷・陽、追加属性のある技持ち体術キャラが強い

スマホゲームのロマンシングサガ リ・ユニバース。余興でモンスター主体のパーティーを組んでみたら、体術キャラの追加属性技が意外と使いやすいことに気づいた。

クーンSやアスラAが全体攻撃の「練気掌」を覚えるだけでなく、ヴァルドーも合わせて3匹とも、最上位のS威力技に打撃以外の追加属性が付いてくる。そのため体術キャラが苦手なスライムでも弱点を突けるというボーナス付きだ。

素早さオール50%アップのラピッドストリーム陣形と組み合わせれば、体術の威力はさらに増す。最強技に追加属性のあるキャラは、何もシフSSだけでない。地味な動物キャラを育てれば、第一線で活躍できるアタッカーに成長する可能性がある。

動物キャラの技も人間と同じ

ロマサガRSでは動物キャラでも人間と同じ武器・防具を装備できて、ひらめき技にもぶっ飛んだ個性はない。しいて言えば攻撃の属性が打・突に偏っているのは見た目どおりだ。ケダモノらしくタコ殴りするか突き刺すかくらいしか能がなく、術を扱う知恵は持たない。

技としては、それこそ敵キャラが繰り出してくる「ファングクラッシュ」や「尾撃」の方がふさわしい。各キャラの持ち技にこのくらい特徴を持たせてくれれば、もっと楽しめたと思う。

だがクーン、アスラ、ヴァルドーの持ち技を一通りひらめかせてみると、3番目のS威力技がなかなか興味深いことに気づいた。

体術キャラの追加属性技に注目

モンスター体術組の基礎能力値は控えめだが、覚える技に無駄がない。クーンSとアスラは全体攻撃の練気掌を習得する。そして各キャラの最上位技には、「打」以外の追加属性が付いてくる。

  • クーンS…滝登り(打+冷)、威力S、BP12
  • ヴァルドー…稲妻キック(打+雷)、威力S、BP12
  • アスラ…タイガーブレイク(打+陽)、威力S、BP14

いずれも螺旋ガチャ限定のシフSSが繰り出す富岳八景(斬+熱)と似て、敵の弱点を突きやすい。さらにこれらは打撃キャラが最も苦手とする、スライム系敵キャラのWeakを取ることができる。

同じ体術キャラでアザミやキャットのSS技には威力が劣るが、打撃メインパーティーでスライムに囲まれても手詰まりになりにくい。いずれもBP消費が激しいので乱発はできないが、道中うまく貯金してゴールデンバウムに突き刺せば、財宝収集のクエストもこなせる。

必殺技のグラフィックも豪華

技使用時のグラフィックも、それぞれA/Sキャラとは思えないくらい凝っている。クーンSの滝登りは水しぶきが飛び散って、サイクロンスクィーズ並みにゴージャスだ。

滝登り

滝登り

アスラAのタイガーブレイクもちゃんと虎の絵が出る。

タイガーブレイク

タイガーブレイク

技の演出は凝りすぎると尺が長すぎてうざったくなる。シャールの無双三段はたいした威力もないのに、無駄にアニメーションが長い。

ルージュのヴァーミリオンサンズも貴重な全体攻撃技ではあるが、毎回画面が発光して目が痛くなる。このエフェクトが苦手なので、必要なければ地味なエナジースティールで済ませてしまうことが多い。

上記の体術3キャラは、S技でもそこまで演出が長くない。ヴァルドーの稲妻キックは他に比べてアクションは地味だが、敵の弱点を突けばすさまじい威力を発揮する。

稲妻キック

稲妻キック

技グラフィックの重厚化は、何となくFFのシリーズで召喚獣の演出が長くなりがちな悪影響を連想させる。せいぜいコンマ0秒の話だが、何度も見せられるので技はコンパクトで破壊力があれば十分だ。

連携技のおもしろネーミング

ロマサガ1~3にはなかった要素だが、各キャラの技にダメージアップのボーナスが付く「連携」という機能がある。

明示的にODで発動しなければ、ランダムに発生するクリティカルヒット扱い。コントロール不能だが、どうやら発動時に画面に出る適当な組み合わせネーミングがネタになるようだ。

モンスターパーティーでも、5匹で力を合わせと「滝稲妻スネークタイガー獣神衝」など、わりと語呂の良い連携技名を出せたりする。エフェクトも派手な上、低レベルのゴールデンバウムや打属性に弱いノエルなら一撃で沈められる破壊力だ。

各キャラの素早さ・発動順を調整すれば、もっとひねったおもしろい名前を作り出せるのだろう。無意識にプレイしていても、思わず変態的な技名が出たりして楽しめる。というか、どの技を組み合わせても、たいていふざけたネーミングにしかならない。やり込みを狙ったアホらしい遊び要素といえる。

アスラの耐性ボーナスは魅力的

モンスターキャラの属性耐性には、それなりに個性が出ている。いずれもSSに比べると斬打突の基本耐性が劣る点は否めない。さらにヴァルドーは冷+35だが熱-65という特徴があり、ヘルハウンドやパイロヒドラの火炎で大ダメージをくらう。

一方、アスラは熱冷雷陽影にすべて+10の耐性ボーナスがついている。Aキャラなのにこの待遇は破格だ。

AからSSに替えても単体攻撃しか覚えないキャットなどより、練気掌持ちのアスラやクーンを育てた方が有意義かもしれない。十分成長させれば、ジニーS程度のアタッカーになりそうな気がする。

小剣使いのシエロはいまいち

体術組モンスターに比べて、槍キャラのゲラ=ハ、小剣キャラのシエロはいまいち強みがない。陣形がラピッドストリームであることも影響しているが、与えるダメージは総じて体術キャラに劣る。

シエロは「足がらめ」というユニークな全体スタン技を持っている。しかしそこまで素早くなく、敵に先手を取られると無駄にBP消費して終わる。カットイン、スネークショットという技も、もったいぶったエフェクトのわりに威力は強くない。

メインパーティーでモニカSSを使っていて感じるのは、本ゲームにおける小剣キャラはマヒ・スタン技が得意なわりに、ダメージ量は期待できないという点だ。モグラのシエロが悪いのではなく、単に小剣という武器および技が不遇なだけな気もする。

ゲラ=ハはデバフ技が多いが…

ゲラ=ハSはパーティーにいると、戦利品のオーラムが7%アップするボーナスがある。キャットSSの10%アップには劣るが、無課金プレイでは重宝するアビリティーといえる。

デバフ効果のある脳削り(知力ダウン)と活殺獣神衝(器用さダウン)はボス戦で役立ちそうな気もするが、今のところロックブーケ戦しか思いつかない。そしてゲラ=ハはトカゲだがオスなので、テンプテーションに抗するすべはない。

トカゲが獣殺しの獣神衝を扱うというのは、ジョークにみえる。体術技の活殺破邪法と名前が似ているが、弓技のビーストスレイヤーのように、動物敵にクリティカルを取れるボーナスはないようだ。

スポンサードリンク