しゃぶ葉の平日1,199円三元豚食べ放題(バラ・ロース・鶏)がコスパ高い

すかいらーく優待とクーポンを駆使して、ニラックス系しゃぶ葉の平日ランチを一通り試したみた。基本の999円豚バラ肉縛りから始めて、(国産でない)牛&豚1,599円まで攻めてみたが、結果的にミドルレンジの豚ロース肉どまりで十分満足できるとわかった。

ロース縛りなら時間制限がない

メニューを見て三元豚のしゃぶしゃぶ食べ放題のうち、ロースのみと、鶏も含む3種が同じ1,199円なので不思議に思った。確認したところ、3種の方はランチ60分コースで、ロースのみの方は無制限らしい。3種で時間無制限にすると、平日ランチでも1,399円に値上がりしてしまう。

バラとロースを選べるとしたら、当然高級なロースの方をリピートする。今日はロースしか食べないと決めているなら、時間に縛りのないロースのみの注文もありだ。しかし、脂っこいバラ肉はいいとしても、ときどき鶏肉も食べてリフレッシュしたいなら3種コースをおすすめする。

サルバトーレクオモのピザ早食い(時間制限あり店舗)で鍛えた身体なら、60分もあれば十分満足できると思った。ここで牛肉も加えると一気に400円もアップしてしまうので、個人的にはバラ肉プラス200円でロース&鶏肉を追加するのがちょうどいいバランスだ。

バラ肉999円の低価格もインパクトあるが、さすがに脂身の多いバラ肉ばかりだと、いくらしゃぶしゃぶとはいえ飽きてくる。健康のためにも、がっしり赤身の詰まったロース肉を楽しみたい。

ちらし寿司はあさりたっぷり

梅雨どきで雨なのに、しゃぶ葉は意外と混んでいた。何度か通って野菜やタレの種類も一通り網羅したので、これまで手を着けなかったごはん系も試してみた。ちらし寿司はあさりがたくさん混ぜてあってかなりおいしい。わかめご飯も素朴でよかった。

しゃぶ葉は肉だけでなく、ライスにカレー、うどんにラーメン、さらにデザートはソフトクリームに白玉ぜんざいと、サイドメニューが充実している。せっかくしゃぶしゃぶなので肉ばかり頼みたい気もするが、余裕があればキクラゲやマロニーなどのめずらしい食材も試しておきたい。

新登場の海老塩だれ

タレコーナーでは、新しく「海老塩だれ」というのが増えていた。風味としては、これまであった企画メニューのトムヤンクンダレに近い感じだ。アジア風のちょっと変わった味付けで、ほんの少し海老の香りがする。

その他のタレとしては、オプションで生卵付きのすき焼きダレを頼み、ポン酢と和だしでアレンジしてみた。ポン酢は結構しょっぱいので数回試す程度。穏やかな和だしにおすすめの柚子胡椒を溶かすのがお気に入りになってきた。

担々麺をつくれるとわかった

最初のノルマとしてバラ・ロース・鶏の3種が並ぶが、それぞれ量は少ないので一瞬で食べ終わる。続いてロースを合計8皿オーダーし、最後に鶏も1皿味わって合計12皿で終えた。やはりロースが選べるメニューだと、あえて2回目以降にバラ肉を頼む理由がない。

肉だけかき込むならもう数皿行けたが、しゃぶ葉お楽しみのラーメンを忘れてはいけない。試行錯誤した結果、ゴマダレに豆板醤を溶かしてだし汁でちょっと薄めると、見事にスパイシーな担々麺をつくれることがわかった。

この特製ゴマスープでうどんをあえてもおいしそうだ。夢庵の夢郎うどんのように、こってりしたつけ麺を楽しめるだろう。

デザートのソフトクリームにチョコソースをかけて、白玉、フルーツポンチとデザートも一通り制覇して、50分ほどでしゃぶ葉の満足ランチを終えた。

すかいらーく優待はしゃぶ葉がベスト

すかいらーく株主優待の使い道としては、やはりしゃぶ葉が一番コスパが高いと思う。ガストで500円ランチというのも悪くないが、揚げ物ばかりなので毎日は飽きる。1000株保有すれば年間69,000円のチケットがもらえるので、週に一回しゃぶ葉で予算1,000円豚しゃぶ食べ放題というのが幸せな使い方だ。

上級者になれば、肉はほどほどに抑えてちらし寿司やラーメン、野菜を中心に茹でて食べるだけでも、ステーキガストのサラダバーより満足できるだろう。ソフトクリームと白玉のデザートブッフェとして活用するのもありだ。

優待ランキングすかいらーくが1位

たまたまイオンのラウンジにおいてあった日経マネー5月号で、株主優待のランキングが出ていた。外食部門は断トツですかいらーくが1位。レビュアーの9人中6人がトップに選ぶという人気ぶりだった。

配当も2%はあるので、優待と合わせて還元率6%以上という高利回りは、他の飲食チェーンを突き放している。しかも保有数を増やすほど割り当てが増えるルールのため、お金を貯めてマックス1,000株まで買い増したいモチベーションを喚起している。

そういえば今年度に入ってから、自分もほとんどすかいらーく優待のレビューしかしていない。還元率はもとより、近所に優待券を使えるファミレスが多く、さらに和洋中華にしゃぶしゃぶ、焼肉、回転寿司と、バリエーション豊富なのがすばらしい。

飲食系の株主優待をここ5年くらいひたすら試してきたが、微妙な銘柄はすべて売却してすかいらーく一銘柄に集中投資しても、十分見返りは得られると思う。さらに次回の権利落ちから優待券が紙からカード式に変わるようなので、利便性の向上も期待できる。

あまりに好条件なので、優待改悪の懸念も上がっているが、ここ一年は高水準の還元率を維持しているようだ。長期的には株価も安定しているので、すかいらーくは余剰資産があればぜひ保有しておきたい優待銘柄である。

タイトルとURLをコピーしました