バーミヤンの餃子が99円!? 魅惑のすかいらーくクーポンを使い倒す

毎年春先に系列レストランで配られる、すかいらーくのクーポンブック。数ある割引メニューの中でも最も利用価値が高いのが、バーミヤンの餃子だ。

通常239円の餃子一人前6個分が、なんと税抜99円。この餃子券だけのためでも、店頭でクーポンブックを手に入れる価値がある。むしろシーズンにはファミレスを何軒もはしごして、餃子クーポンを集めまくりたいくらいだ。

バーミヤンの日替わりは揚げ物ばかり

ほかのファミレス系列店に比べて、バーミヤンはいつも人気だ。平日ランチタイムは会社員、休日は家族連れで行列ができる。自社系列でカニバっているガストとジョナサンはどっちかやめて、全部バーミヤンに改装した方が儲かると思う。すかいらーくの株主兼ヘビーユーザーとして、ぜひ提案したいアイデアだ。

バーミヤンの日替わりランチはガストやジョナサンの日替わりに輪をかけてジャンク志向である。どれも1,000kcal超えるような揚げ物尽くしで、毎日食べていたらメタボ街道まっしぐらだ。

バーミヤンでまともな食事をしようと思ったら、あえて割高なグランドメニューを頼まないといけないシステムになっている。貧乏人は不健康な揚げ物・炒め物でリーズナブルに腹を膨らませておけばいいという、突き放したサービスといえる。

99円餃子に杏仁豆腐と中華おこわ

クーポン利用で餃子が99円と格安だが、2皿目はおそらく通常料金だろう。500円の株主優待券を使い切るのにどんなメニューを組み合わせるか、悩ましいところだ。とりあえずクーポンで199円が99円と半額になるアンニンドウフを選んで、あとは頼んだことのない「中華おこわの蓮の葉包(299円)」を選んでみた。これで税込み500円をちょっと超えるくらいで切りがよい。

単品の組み合わせでシンプルなメニューだが、そこはアゲアゲ中華料理なのでランチのカロリー摂取には十分だ。餃子はいつもながら十分に満足できるクオリティー。たまにはあっさりと酢だけつけて食べてみた。杏仁豆腐も割引100円と思えばまずまずのおいしさ。軽く2口くらいで平らげてしまえるボリュームだ。

おこわは中に鶏肉と一緒に炊き上げたご飯がぎっしり詰まっている。量は少な目に見えるが、お餅のように圧縮してあるのでそこそこ食べごたえがある。蓮の葉っぱは固くて食べられないが、いつものライス・スープセットと雰囲気が変わっていい感じだ。

「締めにご飯も食べたいがチャーハンを頼むほどでもない」というときに活用できるメニュー。バーミヤンには単品の半チャーハンがないので、飲み会の際は覚えておいて損はないご飯ものといえる。

リンガーハット風の五目焼そば

バーミヤンのクーポンは餃子以外にもいろいろある。次に試したのは「五目焼そば」。通常価格699円が599円と、こちらも100円引きになる。

リンガーハットの皿うどん的な固形麺に、五目あんかけをたっぷりかけて出てくるメニュー。イカとエビにウズラの卵と、具材もバリエーション豊富だ。野菜をたっぷり摂取できるメニューとしては、バーミヤンの中でも健康度は一番かもしれない。キャンペーンでご当地ラーメンやB級グルメはいろいろ出てくるが、定番として押さえておきたい一品といえる。

普通がうれしいチンジャオロース

さらにクーポンでトライしたのは「牛肉のチンジャオロース」。699円が499円になり、ほかの品物より値引き率が大きい。さすがに炒め物のおかずだけでは寂しいので、ご飯とスープのセットもお願いした。

オイスターソースを絡めた牛肉とタケノコ・ピーマンで、特に奇をてらった風でもない標準的な日本のチンジャオロースだ。思えば牛肉を食べるのは久々な気がする。味も期待通りで、ご飯と合わせておいしくいただけた。定価699円と少々割高だが、安心して頼める定番商品だ。

バーミヤンの主菜はほかにホイコーロウや酢豚くらいで、定番のレバニラ炒めはなかったりする。中華の炒め物を定食で食べたければ、王将や日高屋に行った方がバリエーション豊富だが、東京郊外には店舗が少ない。

がっつり中華で野菜を食べたいときに、バーミヤンの炒め料理は重宝する。ご飯とセットにしても、他店の定食と変わらない600~800円くらいの相場だ。ぜひこれから優待券を活用して、青菜炒めやキクラゲ玉子炒めなんて地味なメニューも開拓していきたい。

タイトルとURLをコピーしました