読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

地域限定!栃木県民は北海道豚味噌鍋膳を食べに吉野家にレッツゴー

株主優待

吉野家の株主優待券は300円と小分けになっていて、牛丼だけなくうどんや寿司屋など系列店も多い。優待券の冊子が届く半年ごとに、毎回どこで消化しようか作戦を立てるのが楽しみである。

f:id:kenko-san:20161125174154j:plain

最近は「天ぷら定期券」との併用で、はなまるうどんに通い詰めていたが、久々に原点に戻ってオリジナル吉野家に行ってみた。しかも場所は旅先の栃木県某所。

kenko-san.com

栃木で出会った吉野家の地域限定鍋膳

翌朝は関東に雪が積もるという天気予報だったので、その日も朝から凍える北風が吹きすさぶ荒れ模様だった。店頭に掲げられた鍋膳の写真に誘われ、思わずロードサイドの吉野家に入店してしまった。

メニューを眺めて、まあこの時期は定番の「牛すき鍋膳」で決まりかなと思ったが、隣に似たような「豚味噌鍋膳」の紹介があった。どちらも並盛650円と同じ価格なので、せっかくなら豚肉より牛肉の方がよいかと思ったが、豚味噌の方は「地域限定」との表示がある。

f:id:kenko-san:20161125174325j:plain

全国で5種類もある、ご当地鍋膳シリーズ

吉野家の「ご当地鍋膳」シリーズについては知らなかったが、後から調べるとこの北海道豚味噌鍋膳は、関東地方では茨城か栃木でないと食べられない希少なメニューだとわかった。公式サイトを見ると、他にも「横浜デミ牛鍋膳」「なごや鶏味噌鍋膳」「なにわ牛カレー鍋膳」「博多とんこつ鍋膳」という魅力的なラインナップが揃っている。販売期間中に各地に出張することがあったら、ぜひコンプリートしてみたい鍋膳シリーズだ。

f:id:kenko-san:20161125174342j:plain

九州のとんこつ味はかなりおいしそうだし、横浜の「赤ワイン・デミグラスソースに八丁味噌を加えたハヤシライス風」というのも興味がある。デミ牛鍋膳は唯一東京都内でもオーダー可能なので、今度ぜひ試してみようと思う。

f:id:kenko-san:20161125174355j:plain

東北~北関東限定「北海道豚味噌鍋膳」の実力

鍋の下に火が点いたまま、アツアツの状態で運ばれてきた豚味噌鍋膳。豚肉は豚丼と共通の安いバラ肉のようだが、やはり鍋になると見た目的にリッチな印象になる。たっぷり盛られたしゃきしゃきネギの下には、豆腐とネギ・白菜、さらにうどんも入っていた。

f:id:kenko-san:20161125174423j:plain

今年の白菜は高くて、スーパーでまだ買えていないので、鍋に入っていたのはうれしかった。味噌は思ったより薄めてあっさりしている。具を全部食べてから、味噌汁のようにスープも飲み干せる感じだった。

f:id:kenko-san:20161125174433j:plain

並盛で税込680円と、牛丼屋にしてはやや高いメニューだが、肌寒くなってきた時期に一人で鍋をつつける幸せには代えがたい。他のご当地鍋も同料金なので、ぜひ網羅してみたいシリーズだ。きっと同じ考えで、この冬各地を巡っている株主優待流民も多いことだろう。