読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

吉野家限定鍋膳ついに関西まで制覇!薄味で肉多めな「うま塩牛鍋膳」

北海道、横浜、なごやと各地を転々としながら食べ続けてきた吉野家「ご当地鍋膳」シリーズ。岐阜に滞在中、一つ県境をまたげば隣の滋賀県で関西メニューを食べられるとわかって、チャンスをうかがっていた。

年が明けても特に仕事で行く用事ができなかったので、結局我慢できず、吉野家のためにわざわざJRで往復1,000円以上の電車賃をかけて滋賀県入りしてしまった。

関西圏は「なにわ牛カレー鍋膳」が廃止され「うま塩牛鍋膳」に

事前のリサーチでは関西は「なにわ牛カレー鍋膳」だと思っていたのだが、2016年12月13日の吉野家ニュースリリースで、「北海道豚味噌鍋膳」の販売地域拡大と新メニュー「関西うま塩牛鍋膳」が発表されていた。どうやら「横浜デミ牛鍋膳」と「なにわ牛カレー鍋膳」は人気がなかったのか、トーナメント敗退して姿を消してしまったようだ。

首都圏限定のデミ牛は、まるでハヤシライスという完成度に驚いたのだが、一般的にカレー味の鍋はうけないのかもしれない。自分はあの味が忘れられず、自宅の味噌汁にもカレールーを溶かして、味噌カレー煮込みをつくるのが好きになってしまった。

関西の旧牛カレー鍋膳は、なんとなく既存の「牛カレー」の具を増やして薄めた感じではないかと想像していた。それよりは最新メニューを試せてよかったかもしれない。群雄割拠の鍋膳時代に彗星のごとく現れた新メニュー「うま塩牛鍋膳」の魅力を余すところなく紹介しよう。

f:id:kenko-san:20170119220132j:plain

圧倒的な肉のボリュームと薄味ながらコクのある塩スープ

うま塩牛鍋膳は並盛680円で他のご当地鍋と同じ価格だ。全国標準メニューの牛すき鍋膳よりは30円高い。5分ほど待ってカウンターに届けられた鍋膳は、一見して肉の量がいつもより多い。

到着してからも3分くらいは火が付いた状態なので、鍋はアツアツである。取り皿に移して、ふーふー冷ましながら具をかきこむ。肉が多く見えるのは偶然かと思ったが、公式サイトの説明を見ても「大判の牛肉」と書いてあるので、肉多めのコンセプトらしい。

f:id:kenko-san:20170119214056j:plain

スープは予想通りあっさりした塩味だが、魚介のだしが効いていてかなりコクがある。もちろん具を食べ終わった後にスープも完飲してしまった。上方風にスープは薄味なのだが、しっかりした飲みごたえがあり、これがラーメンだったらリピーターが増えそうなうまさだ。さすが、各地の鍋膳売れ行きを見て改良微調整された新メニューだけのことはある。

味のアクセントとして生姜が付いてくるのも気が利いている。奈良でよく泊まる民宿の定番鍋も生姜入りなので、関西では標準的なのかもしれない。

f:id:kenko-san:20170119214342j:plain

野菜は白菜、ネギ、水菜に少量のうどんと、他のご当地鍋膳と変わらないように思う。しかしインパクトが大きいのはやはり肉のボリュームだ。毎日食べられそうな癖のない塩味スープと、デフォルト肉大盛り。偽ハヤシライス鍋の失敗(?)を教訓に吉野家が打ち出したスタンダード新機軸は、牛丼鍋業界に革命をもたらすだろうか。

f:id:kenko-san:20170119214111j:plain

300円の株主優待券2枚に、残額80円はWAONで支払い可能と、吉野家のお会計はイオンユーザーにはありがたい。先週の全国的寒波を経て、これから冬本番という季節。吉野家の鍋膳はもうしばらく続くと思うが、もう一度くらいメニューの入れ替えがあるかもしれない。

残るは中国~四国地方の「博多とんこつ鍋膳」

販売停止にならないうちに、できれば最後に残った「博多とんこつ鍋膳」を食べてコンプリートしてみたい。九州はなぜか北海道豚味噌鍋膳に切り替わってしまったので、試せるチャンスがあるのは広島、鳥取、島根、山口、徳島、香川、愛媛、高知と、中国~四国のわずか8県しかない。

冬休みの18きっぷ利用期間も終わってしまったし、特にそのあたりに仕事で行く用事も思いつかない。吉野家のためだけに空路で日帰りするというのも男気を感じるが、そのあたりは懐具合と相談して考えてみようと思う。