読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

シェアハウスで暮らすノマドなミニマリストが株主優待とブログ収入でサバイバルする日記

元祖「回らない回転ずし」渋谷の魚べいは格安108円均一で安さも魅力

飲食物

「回らない回転ずし」というキャッチコピーで一世を風靡した渋谷の魚べい。行列でなかなか行く機会がなかったが、仕事のついでにようやくチャレンジできた。

f:id:kenko-san:20160918153139j:plain

最近の寿司屋は高速&低速レーンのハイブリッド型

今となってはめずらしくない完全オーダー型の回転寿司。そもそも回転ずしで何周もしているネタなんて、干からびて全然おいしくなさそうなので、同じ値段なら個別にオーダーしたいとは誰もが考えるところ。思い切って回転レーンをやめて、直線型の高速レーンに特化したところに魚べいの革新性があった。

f:id:kenko-san:20160918153210j:plain

その後、かっぱ寿司、くら寿司、スシローの業界3強もこぞって高速レーンを導入し、今では普通になってしまったシステム。回転レーンを眺めて衝動買いしてしまう要素も残し、2段構成にするのが標準的になってきている。

f:id:kenko-san:20160918153223j:plain

魚べいのシャリはロボットが握っている

魚べいでは完全オーダー制だが、タッチパネルで注文してから手元に寿司が届くまでの時間は1分くらいだった。レーンは3段あるので、他のお客さんとバッティングしても、渋滞することはない。1つのトレーに3皿載るので、3個ずつオーダーすると輸送効率がよい。

f:id:kenko-san:20160918153240j:plain

注文しなかったが、ハンバーグや焼肉だけでなく、焼きトウモロコシやハムチーズかつなど異色のネタもあり。

f:id:kenko-san:20160918153301j:plain

注文用のタブレットは、放っておくと勝手にCMがはじまる。郊外のイオンモールとかにあるフードコートで渡される、完成お知らせブザーのようだ

f:id:kenko-san:20160918153313j:plain

バックヤードでは、シャリを握るロボットを導入して、大量注文を捌いているらしい。正直、凡人にはネタの新鮮さくらいしか違いがわからないので、職人が人手で握っていようが、ロボットがつくっていようが構わない。むしろ機械的に製造された寿司の方が、「調理に時間がかからず新鮮でうまい」という逆転現象が起こるかもしれない。

f:id:kenko-san:20160918153327j:plain

ほぼすべてのネタが税込108円均一

魚べい渋谷店で驚くべき点は他にもあり、渋谷駅前の立地にも関わらず、ほぼすべてのネタが税込み108円均一という低価格。マグロやサーモンはいうに及ばず、赤貝・つぶ貝など貝類まで2個で一律108円。値段のわりに、ネタが小さくてしょぼいということもない。一応、中とろや生エビで「一貫だけ」という高級ラインもある。

f:id:kenko-san:20160918153342j:plain

これならマックや牛丼屋に行く感覚で、6個くらい寿司をつまんで軽食を済ませても324円。決済もSuicaでOK。寿司屋のファーストフード化が進んでいる。店内は、店員さんもお客さんもほぼ全員外国人で、異国情緒を満喫できる。京都にある畳敷きのカプセルホテルのように、外国人旅行客向けに独自進化を遂げた日本文化ともいえそうだ。