読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

シェアハウスで暮らすノマドなミニマリストが株主優待とブログ収入でサバイバルする日記

小田急線、柿生~鶴川~玉川学園前の賃貸物件はなぜ格安なのか?

シェアハウス

賃貸物件を探すには、一昔前なら駅前の不動産屋さんに足を運んで紹介してもらうしかなかったが、最近はHOME’Sなどの物件情報サイトで比較閲覧できるようになり、大変便利になった。中には東京R不動産のように、訳アリ物件を魅力的なストーリーでポジティブに紹介してくれるサービスもある。

賃貸物件サイトで格安物件を調べるのが趣味

暇つぶしに、次に引っ越してみたい場所を検索してみると、素人ながらに各地域の人気度合いや相場価格がわかっておもしろい。特に、会社にぎりぎり通勤できそうな圏内で、「家賃・共益費込み3万円以下、礼金敷金なし」とかエクストリームな条件で調べるのが好きだ。今まで知らなかったエリアに穴場の物件を発見して興奮したりする。

f:id:kenko-san:20160909204355j:plain

過去にはそうやって、小田急~京王線沿線で一番安かった秦野の2万円以下アパートに住んでいたこともある。最近はさらなるコスト削減でシェアハウスに挑戦しているが、お世話になっている物件の共益費が上がるらしく、引っ越しの可能性を検討している。

始発に乗れて通勤1時間以内の田舎が人気

勤務地域が渋谷~新宿エリアであれば、「通勤1時間」という基準でかなり西の方まで候補を広げることができる。都心の平均通勤時間は片道58分らしいので、悪くはない。最近、高尾駅付近の「中央線に始発で座れる」マンションが即日完売で人気らしいが、拝島や橋本でも始発メリットを享受できる。

若い頃は、「終電を逃しても歩いて帰れる」とか「渋谷の東急ハンズまで自転車で買い物に行ける」という理由で都心に住むのが便利だと思っていたが、騒音や大気汚染、満員電車に高い家賃と、対価に見合う便利さを感じなくなってきた。学生の頃より交友関係が減って、週末は飲み会というより奥多摩に山登りに行くとか、健康的なアウトドア趣味に興味が移ったからかもしれない。

ユニットバス付き6畳間で3万以下も

お金はないので、風呂なし木造アパートとかで暮らしていた時期もあるが、いざ検索してみると、ユニットバス付きの6畳間で3万以下とか、信じられない好条件の物件が郊外にはごろごろ転がっている。田舎にいた頃は、窓の外から田んぼや畑を見ては、カエルがうるさいとか肥料臭いとか、不満ばかり垂れていたが、大人になると自然に囲まれて暮らすことは心安らぐ幸せと感じられるようになってきた。

小田急線の東海大学前駅と鶴川駅が最安エリア

さて都心から西側に伸びる沿線の中で、小田急線は小田原~箱根まで通じているのがおもしろい。JRより運賃も安いので、日常の脚に使うには便利だ。小田急線沿いの安い物件をソートすると、たいてい秦野の東海大学前~鶴巻温泉と、町田の鶴川周辺が候補に挙がってくる。

秦野市は山間の盆地で、丹沢登山に来る以外は特に用事がないエリアだ。小田原と厚木は企業や勤め先も多く、ちょっとした経済圏を形成しているようで家賃も高い。その狭間にある秦野が不人気なのはわかるとして、多摩丘陵の鶴川は、新百合ヶ丘、町田に近く、一応東京都内でもあり、なぜ安い物件が集中するスポットなのかにわかに信じがたい。真相を調べるため、週末に自転車で探検に行ってみた。

鶴川付近を現地調査

小田急線で新百合ヶ丘付近の車窓を眺めると、線路沿いのかなり急斜面に住宅が建っていることに気づく。このあたりは多摩丘陵(武蔵丘陵)と呼ばれ、八王子南部の最高標高は220メートルくらいある。鶴見川の源流があるあたりが最深部と思うが、藁ぶき屋根とまでは言わないまでも、田畑と森が広がるのどかな田園風景を眺められる。

f:id:kenko-san:20160909204339j:plain

始めて来たときは、ここが東京都とは思えない、いや、地元の神奈川県でもこんな風景は見たことがない、というほどカルチャーショックを受けた。かつて小屋を建てようと土地を探していた時は、町田リス園・薬師寺公園の近くで、中古の一戸建て500万円という物件もあった。

小田急線沿線、最安物件は共益費込み1.6万

今回HOME’Sで目星をつけた最安物件は、玉川学園前で敷金礼金なし、共益費込みで賃料1.6万円だった。外から見たが、線路わきからとてつもない坂を上り、四畳半で眺望のない道路側の部屋だった。それでもユニットバスは付いているので、いざとなれば家賃1.6万の物件で新宿に通勤できると考えることはできる。

谷間のづんどまりで、近くには微妙な個人商店風のデイリーヤマザキしかなかった。買物に行くには鶴川駅まで15分くらい歩く必要があるだろう。

f:id:kenko-san:20160909203953j:plain

町田市三輪町は駅から遠いがスーパーは近い

さすがに2万以下の物件は限られるが、共益費込みで3万円まで予算があれば、選択肢はかなり広がる。ちょうど鶴川と柿生の中間地点に三輪という地区があり、ここに安い物件が集中しているようだ。神奈川県に不自然に食い込む東京都町田市、その中でも、鶴川~柿生からこどもの国付近まで、川崎市に進出した飛び地エリアだ。

f:id:kenko-san:20160909201928j:plain

三輪町はなぜか2~3階建ての安いアパートが多く、コンビニも2軒ある。そして南東には島忠ホームズと、その中にスーパー三和があるので、買物には便利そうだ。もし自宅でSOHOするとして、毎日会社に通勤する必要がなければ、駅よりスーパーが近い方がうれしい。

島忠ホームズ町田三輪店は安くて便利

f:id:kenko-san:20160909202624j:plain

スーパーSANWAは地元のチェーン店らしく、この付近に4店舗ほど見かけた。いまどき電子マネーが使えず現金支払いのみなのが痛いが、独自のポイントカードで0.5%の還元がある。

f:id:kenko-san:20160909202835j:plain

地域の物価は、だいたい鶏むね肉の値段でわかるが、国産100gで税抜48円だった。近所のスーパーでセールがあっても、ここまで安くなることはない。現金決済は不便だが、価格面のメリットは大きい。

f:id:kenko-san:20160909203149j:plain

島忠ホームズも、田舎のホームセンターらしく、資材や工具がかなり充実している。建材もいろいろ手に入るして、加工もしてくるので、ちょっとした畑の作業小屋くらいは自前で建てられそうだ。

f:id:kenko-san:20160909203729j:plain

鶴川か柿生駅まで歩けばどちらも20分くらいかかる。ただし鶴見川の流域で三角州になっているので、周囲に比べて起伏が少ない。二股に分かれた川沿いの道をてくてく歩いていくと、鶴川・柿生のどちらの駅にも辿りつける。

鶴川駅、柿生駅、玉川学園駅の印象

各駅の印象としては、鶴川駅だけがスタバや家電屋、銀行支店があり結構便利。新百合ヶ丘や町田ほどではないが、日常の用事はほぼ駅前で間に合うだろう。さらに松屋、王将、CoCo壱番屋、リンガーハットもあるので、飲食系の株主優待フリークに喜ばれそうだ。

f:id:kenko-san:20160909203425j:plain

柿生と玉川学園前にもスーパーや多少の飲食店はあるが、かなり寂しい。

町田市三輪緑山の不気味な巨大住宅地

町田市三輪町の東西には、果敢に山間を切り開いて造成されたらしき、麻生台と緑山の団地が控えている。Google Earthで見ると、緑山の戸建て住宅が整然と立ち並ぶ、人工的な一帯には狂気すら覚える。

f:id:kenko-san:20160909202550j:plain

実際に行ってみると、鶴川駅からはかなりの坂を上る羽目になった。徒歩では30分くらいかかりそうで、駅までの通勤にはバスを使うか、自家用車で会社に通うことになるのだろうか。住宅街の中にいくつか賃貸物件もあるが、相場は前述の三輪町と同じか、少し高いくらい。駅からの遠さと起伏を考えると、積極的に選ぶメリットを感じられない。

f:id:kenko-san:20160909203550j:plain

ちなみに緑地が広がる鶴見川クリーンセンターと、ふれあいの丘という公園がある麻生水処理センターは、調べたところどちらも下水処理場である。排水が流れ込んでいるので、鶴見川の上流に近いとはいえ、川の水を飲んだりはしない方がいいだろう。

横浜市青葉区の高級住宅街とのギャップがすごい

鶴見川沿いに南下して川崎市~横浜市に入ると、寺家(じけ)ふるさと村という、景観保存されたエリアがある。横浜市で唯一ホタルを見られるとか、自然の豊かさは半端でない。

そこからさらに鶴見川をサイクリングロードに沿って下流に向かうと、田んぼの中に忽然と東名高速道路の横浜青葉インターが出現する。国道246号から先は有名な高級住宅街、青葉区である。川崎市麻生区の田園風景とのギャップがすさまじい。 航空写真で見ると田畑と住宅街の境目がくっきりとしている。

f:id:kenko-san:20160909202456j:plain

「こどもの国」付近もやや高級な住宅街

ついでに東急終点の「こどもの国」にも行ってみたが、このあたりもやや青葉区の香りを感じられる高級住宅地で、ぼろい安アパートなど存在しなかった。こどもの国周辺は風致地区で、緑山の住宅地までは森が広がっている。こどもに国は楽しそうだが、おっさん一人で入るのは気が引けた。

f:id:kenko-san:20160909202142j:plain

鶴川周辺の賃貸アパートが安い理由

鶴川周辺の賃貸物件が安い理由として、以下の仮説を思いついた。

  • 鶴川周辺は多摩丘陵の真ん中でかなり山がち。予想以上の田舎。
  • 大学が多く、学生が減って賃貸アパートが余り需給バランスが崩れた。

Googleマップで上から見ていても気づきにくいのだが、柿生から玉川学園前までのエリアはかなり起伏がある。峠とか山道ほどではないが、ギア付きの自転車でなければ下りて押さないと上れない、そういう微妙な坂があちこちにある。

また、玉川大学、和光大学などいくつか大学・短大があり、学生向けに建てられた賃貸アパートがかなり余っているように見えた。学生が減って入試の倍率が下がれば、相対的に都心の名門校に人気が集まり、田舎のキャンパス周辺は過疎化が進むと思われる。

以前住んでいた東海大前駅の付近も、見渡す限り画一的な低層アパートが建ち並ぶ風景だった。安い賃貸物件を探すなら、ちょっと郊外にある「○○大学前」という駅のまわりが穴場かもしれない。

鶴川にシェアハウスもあり

シェアハウスでお世話になっているオークハウスも、鶴川に「オークアパートメント鶴川」という物件がある。

ただし部屋面積が38㎡(20畳)と広い代わりに、賃料もやや高めだ。

GoogleマップにGoogle Earthが統合され、さらに便利に

賃貸物件を調べるのにGoogleマップは便利だが、最近Google Earthの機能がシームレスに利用できるよう、改良されていたらしい。以前はGoogle Earthのソフトやプラグインを入れて、別途立ち上げるのが手間だったが、Web3Dの技術を使っているのか、少なくともChromeブラウザ上ではEarthモードでぐりぐり視点変更できる。

f:id:kenko-san:20160909201655j:plain

使い方は、Googleマップの画面左下にあるEarthアイコンを押して航空写真表示にした後、右側の「3D」というボタンを押すと、視点が傾いて建物が立体表示される。その上の方位磁石のアイコンまわりの矢印をクリックすると、90度ずつ視点を回転できる。さらにCtrlボタンを押しながらマウスで左クリックすると、自由視点で見まわすことができる。

特にGPUを搭載していない、モバイル型のノートPCでも、ここまで手軽にGoogle Earthを3D表示できるのは感動的だ。さらに進んで視点を傾けたまま中央ホイールでズームし続けると、そのままシームレスにストリートビューに移行できる。ストリートビューからEarthに戻るときも同様。これは地味な改良だが、かなり便利な機能だ。

Google Earthとストリートビューで周辺環境をチェック

賃貸物件サイトも、以前は物件の所在地が町名くらいまででぼかされていたが、最近はわりと地図上に正確にプロットされいているように思う。上記のGoogleマップ内Earth機能を駆使すれば、現地に行かずとも周辺環境や窓からの風景をシミュレーションすることが可能だ。

f:id:kenko-san:20160909204921j:plain

地図好きの人にはGoogle EarthはYoutube視聴のように中毒性があるサービスで、自分も気づけば2時間くらいブラウザ上で賃貸物件を調べていたりした。内観のパノラマ写真を公開しているサイトも増えてきたので、将来的に公共・商業施設だけでなく各住居の内観も、Googleマップからストリートビューのように見られるようになったらおもしろいと思う。