かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

チムニー株主優待券、渋谷トンテキでトンバーグ200gを600円で試食

居酒屋チェーン「はなの舞」を中心に、様々な飲食店を展開するチムニーグループ。単元株100株でもらえるお食事ご優待券は半期で500円×10枚=5,000円と気前がよいが、1人1回1枚までという利用制限がある。500株以上なら利用制限なしのチケットを半期15,000円分もらえる。

f:id:kenko-san:20160911203325j:plain

500円優待券は数100円プラスしてランチ利用が吉か

かつてのワタミは半期6,000円の優待で、1回1,000円まで規制が緩かったので、夕食時でも居酒屋に入って1,000円の定食をあつらえる、という技が使えた。

kenko-san.hateblo.jp

しかし、はなの舞で、500円だけでおかず1品か締めのご飯ものを食べて帰るというのは少々気が引ける。都心の店舗はランチタイムも営業しているようなので、500円のワンコインというメニューはなさそうだが、100~200円追加して優待券で昼食を安くあげることはできそうだ。

意外と手広く展開しているチムニーグループ

かつて近所にチムニーという居酒屋があって飲み会でよく利用していて、街中にある知夢仁というお店も姉妹店かと思っていた。まさかあのチムニーが上場していたとは。

事業報告書に同封されていた店舗リストを見ると、はなの舞以外に、さかなや道場や豊丸水産など、魚介系の居酒屋も多いようだ。ほかにも龍馬軍鶏道場、ホルモン道場、三代目網本魚鮮水産など、どことなく男臭いネーミングの店舗が目立つ。きっとEXILEのようにホモソーシャルなピラミッド構造になっているのだろう。

その中で、夜でもお酒抜きで気軽に入れそうな、すたみなキッチン鉄板家族(通称、渋谷トンテキ)に行ってみた。

渋谷トンテキのトンバーグ200gで600円

「渋谷トンテキ」で検索すると、東口の方にある「東京トンテキ」というお店の情報ばかり出てくる。どうやらこのお店の二番煎じを狙った新業態であるらしい。同じ道玄坂のGスクエアにはなの舞がある以外、チムニー系列であることを匂わせる手掛かりはない。

f:id:kenko-san:20160911203315j:plain

食券を買う前におそるおそるチムニー優待券が使えるか聞いてみると、先にチケット買ってもらって後で返金しますとのことだった。まずはスタンダードなトンバーグ&トンテキソース(税込600円)を注文。

ごはん・味噌汁なしでおかずだけ頼めるのが斬新

ごはんと味噌汁は200円の別売りなのだが、家でも食べられるし、炭水化物ははなまるうどんで摂取すればよいので、おかずのハンバーグだけにしてみた。一応、ご飯は要らないのかと聞かれたが、問題なくオーダーできた。わざわざメニューを分けてあるからには、自分のように家で作るのが面倒なハンバーグ・ステーキだけというケチな客、あるいは糖質制限ダイエットしている人を想定しているのかもしれない。

f:id:kenko-san:20160911203319j:plain

じっくり焼くのかと思いきや、意外とすぐに運ばれてきた。見た目はハンバーグというか球体の肉の塊。ビッグボーイの大俵ハンバーグ、もしくは静岡で食べた「さわやか」のげんこつハンバーグのようだ。付け合わせはキャベツの千切りで、トンカツのように見せたいらしい。

f:id:kenko-san:20160911203322j:plain

ナイフとフォークでえぐって食べてみたが、中まで火は通っていてわりと柔らかめ。なみなみと注がれたトンテキソースは甘みの強いデミグラスソースという印象。悪くはないが、ちょっとご飯が欲しくなる味の濃さ。200gのトンバーグでお腹は結構満足できた。

決算期が12月31日から3月31日に変更に

チムニー株主優待券500円に100円追加して600円で食べられるトンバーグ。半年間で細かく500円×10回は消化しないと使い切れない優待券なので、金額オーバーする部分は多少支払っても、どんどん使っていきたい。次はトンバーグか煮込みハンバーグでほかのソース、そして800円の200gトンテキも試してみたいと思う。

f:id:kenko-san:20160911203327j:plain

ちなみに決算が12月から3月に変更になる都合で、優待券の発行も変則的なスケジュールになるらしい。年間で10,000円という太っ腹な金額は変わらないようだ。