かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

株主優待QUOカードの使い道。本屋は意外と対応している店舗が少ない

受取も郵送で楽だし、場所を取らないからとりあえずもらっておいて損はないQUOカード。株主優待で手に入れるまでは何なのかよくわかっていなかったが、コンビニで現金同様に使えるプリペイドカードだと知った。とはいえ、財布の中に入れて持ち歩くのも不便だし、コンビニも電子マネー対応してからはもっぱらスマホでタッチして払うのが習慣になっている。

 f:id:kenko-san:20170221122753j:plain

昨年はたまっていたQUOカードを、ふるさと納税でもらった大阪府熊取町のツーリスト旅行券と一緒に金券ショップに郵送して売ってしまった。

アクセスチケットの買取金額は、500円のカードで額面に対して無難なギフト柄なら98.8%、広告柄なら95.5%だ。ギフト柄の場合、金額が1,000円、2,000円…と上がると買取率も96%に下がるので、安い500円券の方がニーズがあるということだろう。ただし5,000円、10,000円と高額になると逆に97.5%と上がるので、1枚で済ませたいヘビーユーザーの需要もあると推測される。

アニメやゲーム柄なら買取率100%だが、ださい企業広告が載っていると数パーセント買取価格が下がるので、真に株主のことを考える会社なら無難なギフト柄にしておいてほしいと思う。

近所の本屋では一切使えない微妙なQUOカード

それほど悪くない買取率のQUOカードだが、それでも1万円とかまとめて換金すると数100円のロスが出る。普段からカードを持ち歩いてコンビニでちまちま決済するのは面倒なので、何かほかに使い道がないか調べてみたところ、本屋やファミレスで使えるとわかった。

試しに近所の八重洲ブックセンターでQUOカードが使えるか聞いてみたところNGだった。QUOカードの公式サイトでは多くの書店が対応しているように見えるが、大きな本屋でも加盟していないところがあるらしい。よく調べずに聞いて回ったブックスオオトリやくまざわ書店も軒並み使えないとの回答だった。ちゃんとウェブで対応していることを調べてからリブロに行ってみたが、これもなぜかダメだった。大手でも一部店舗しか対応していないようだ。

結局、イオンモールに入っている大き目のオリオン書房で使えた。QUOカード利用初体験だったが、現金同様に問題なく決済できた。

f:id:kenko-san:20170221122840j:plain

本は古本か電子書籍で済ますことが増えてきた

本屋で普通に本を買わなくなって久しい。出張先や急ぎのときに仕方なく買う以外は、たいてい古本や電子書籍で済ませてしまう。紙の書籍の方が読みやすいのは確かだが、後からかっさばいて自炊する手間を考えると、はじめから電子書籍で買ってKoboで読むことが増えてきた。それでも電子書籍の値引き分より安く古本が出回っているときは、コスト重視で古本を買うこともある。

若い頃、東京に出てきて楽しかった経験の一つが神保町の古本屋めぐりだ。一度読んでみたかったSF小説の絶版本とか見つけては狂喜していた。ほかにも街中に増えてきたブックオフに通ったり、10年くらい前は「日本の古本屋」というサイトを見つけて、通販でよく買うようになった。

そのうちアマゾンでも古本が扱われるようになったので、最近はもっぱらそちらを利用している。新品と同列で中古品の価格がわかるのが親切だ。送料を入れても新品より安く済むよう価格設定されているので、50円でも安ければ古本を選ぶことが多い。 

町田のブックオフはやばい

余談だが、町田のBOOKOFF SUPER BAZAARはそのあたりの本屋とは比べ物にならない驚異の在庫量を誇る。小田急線で箱根にでも行くついでに、観光がてら寄ってみるとおもしろいと思う。ビル1棟まるごとブックオフで、メジャーな本なら5冊くらい在庫が並んでいたりする。東京で新しめの古本を漁るなら神保町より町田だ。

QUOカードは古本屋では使えないが、都会の大きな本屋ならたいてい対応していそうだ。新刊を買う必要があれば、また活用してみたいと思う。