かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストの株主優待日記

松屋の株主優待(お食事ご優待券)で豪華定食を堪能

おなじみの牛丼屋チェーン、松屋の株主優待券でリッチな食事を楽しむ方法を紹介する。

何でも頼める松屋の株主優待券

飲食系の中ではマクドナルドやスターバックス(優待はなくなってしまったが)と同じ、「好きなメニューを選べる」タイプのチケットだ。他の牛丼屋、吉野家、すき屋(ゼンショー)の株主優待券は金額が定められているので、残額を気にしながらケチケチ使うことが多いのだが、松屋においては「なるべく高いメニューを選んで元を取ってやるぜ」という気持ちで楽しむことができる。

f:id:kenko-san:20160512090119j:plain

権利確定は3月の1回のみ。もらえる優待食事券は10枚。均等に使えば、月に1回くらいのペースで松屋でタダ飯を食える計算だ。期間限定で出る企画メニューを中心に、好みのものがなければ定番の定食で無難に済ますのがおすすめ。
ライス大盛りはOKだが、おかず2倍のW定食は追加料金が必要。なので、優待券の価値を最大化するには、定番メニューであればなるべく高い「カルビ焼肉定食(ライス大盛り)630円」あたりを頼むのがよいということになる。

1枚630円の価値だとすると、年間を通して10枚で6,300円。優待利回りとしては、まあ業界的に普通かなというレベルだが、「好きなものを食べれる」という意味では他の牛丼屋より気前よく思えてくる。

お店で使うときは、券売機に並ばず直接カウンターに向かえばよい。店員さんから「ちっ、こいつわかってねえな…」と注意されそうになるが、すかさず優待券をかざすと、「ははあ、株主様~」とひれ伏すらしい(冗談)。裏面の希望メニューに○をつけて渡せ、と使用法が書かれているが、面倒なのでそのまま渡して口頭で注文を伝えればOKだ。

豚バラ肉と長ネギの生姜焼き定食

今回は630円メニューの中で、「豚バラ肉と長ネギの生姜焼き定食」を選んでみた。もちろんご飯は大盛りだ。通常の「豚バラ焼肉定食(550円)」より、ネギの甘みと生姜焼きのタレが加わって香ばしくなっていた。なかなか満足できる定食で、またリピートしてもよいかもしれない。

f:id:kenko-san:20160512090123j:plain

豚テキ定食 vs 中落ちカルビステーキ定食

この一年、毎月松屋で普段は頼めない高級メニューをいただいて、一番の大ヒットだったのは「豚テキ定食(690円)」だ。11月頃から年末にかけて販売されるメニューで、プレミアムを超えるクオリティの豚肉ステーキが味わえるという逸品だ。

牛丼屋の安っぽいカウンターで高級ステーキなんて…とあなどることなかれ。「もう牛丼屋は卒業した」なんてすかしている大人も、ぜひ試してみてほしい。

豚テキ定食を注文すると、「調理にお時間がかかりますがよいですか」と確認される。つまり、注文を受けてからシェフが鉄板でじっくり焼いて、アツアツの出来立てを出してくれるという意味だ。「やすい、はやい、うまい」が売りの牛丼屋で、客席回転率を犠牲にして提供される高級メニュー。ただし価格は類似の定食の60円増しくらいで、他のステーキ専門店よりは十分にリーズナブルという位置づけだ。

にんにくの香ばしいかおりに、やや濃い目のタレが食欲をそそる。豚肉は柔らかくジューシーで、高級トンカツにでも使われそうなレベル。 昨年は11月~12月で豚テキ定食を2回食したが、松屋の優待券はこの時期まで取っておいて、豚テキが解禁されたら毎週のように食べる、というのも粋な使い方かもしれない。

さらに期間限定で、豚テキ定食を超えたプレミアムメニュー「中落ちカルビステーキ定食」が販売されることもある。これも優待券を集中投資して損はない絶品だ。

新業態のトンカツ屋もレビュー

牛丼もハンバーグも食べ飽きたので、新しく松屋がはじめたトンカツ屋を探して行ってみた。かつやと似ているが、松屋らしいトマトソースのトンカツもあったりして、なかなか楽しめるお店だ。

「松のや」は値段も安くて流行りそうなので、ぜひ期待したい。

松屋のレトルト通販

店頭で牛丼の具を売っているが、通販でも買えるらしい。公式サイトとほぼ同じ価格で、アマゾンでも販売されている。GW中は新生活応援セールでかなり安くなっているようだ。

牛めしはあまり特徴を感じないが、松屋のオリジナルカレーはココイチやゴーゴーカレーとも違う独特の味がある。こちらもレトルトを売っているので、自宅でも楽しみたいという人はストックしておくのもよいだろう。 

松屋 オリジナルカレーの具(10パック入)

松屋 オリジナルカレーの具(10パック入)