かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

『コンビニ人間』は楽天Kobo電子書籍で読むと安い(500円以上還元)

話題の芥川賞受賞作品『コンビニ人間』を夜中に読みたいと思い、電子書籍でダウンロード購入してみた。ほこりをかぶっていた楽天Kobo Aura H2Oを引っ張り出して充電しつつ、楽天ブックスのサイトを見ていると、クーポン適用とポイント20倍キャンペーンで合計500円以上の値引き&ポイント還元があるとわかった。

今、電子書籍を買うなら、アマゾンKindleより楽天Koboが圧倒的にリーズナブルだ。楽天の回し者でないが、一般消費者として割り切れば、廉価なコボで十分用は足せる。

f:id:kenko-san:20160918155510j:plain

買ってすぐ使わなくなったKobo Aura H2O

数年前に、「目に優しく電池が長持ちしそう」というメリットにひかれて、電子書籍リーダーを買ってみた。当然アマゾンのKindleを検討したが、当時はSDカードを差せる機種がなく、自炊したPDFファイルの閲覧を中心に考えていたので躊躇した。少し調べると楽天KoboはmicroSDカードを差せて、Aura H2Oは防水だったり、実用性が高そうに思われた。家電屋の店頭で触ってみても、ページめくりの待ち時間などはKindleと大差なかった。

 iPadも持っていたが、「電子書籍リーダーはアカウント同期と本データDL以外、基本ネットにつながらないので読書に集中できる」という、デメリットを逆手にとった売り文句に好感が持てた。顧客のターゲットを絞れれば、「余計な機能も合わせて全部載せ、何でもできる」というより「安くて単機能だが使いこなせば便利」という割り切った商品の方がおもしろい。キングジムのポメラとか。

キングジム デジタルメモ ポメラ  DM100 ブラック

キングジム デジタルメモ ポメラ DM100 ブラック

 

Koboを買った直後はPDFデータを入れて遊んでみたが、結局慣れ親しんだiPadに比べてファイルコピーや書籍を開く動作が遅すぎ、すぐに飽きて使わなくなった。普段持ち歩くにしても、スマホ、タブレット、ノートPCに加えて、電子書籍リーダーを持ち歩くのは手間だ。そもそも電車通勤でないので、出先で本を読む機会がない。

たまに昔自炊した本で読みたいものがあると、microSDカードでデータを移して風呂場で読む程度。iPadは水没が怖いので、Koboは浴室専用機と化した。さすがに数か月放置していたのでバッテリーは放電しきっていたが、『コンビニ人間』のために久々にKoboの出番がやってきた。

kenko-san.hateblo.jp

楽天ブックスで電子書籍を買うと妙に安い

紙の書籍の値段は、全国どこの本屋でもコンビニでも同じだが、電子書籍となると話が違ってくる。楽天ブックスから、たまにクーポン発行のメールが届いて気になってはいたのだが、ウェブサイトで確認すると、数百円値引きのクーポンが何枚もたまっていた。ただし電子書籍のみが対象。

f:id:kenko-san:20160918155707j:plain

楽天ブックスの上部メニューにある「myクーポン」というボタンを押すと、期間限定で「150~200円オフ」「20%オフ」のクーポンが多く並んでいた。最近楽天はポイント還元率をアップしたり、顧客の囲い込みに躍起になっているが、アマゾンに比べて分が悪そうな電子書籍もクーポン乱発状態だった。

20%オフを適用すると、『コンビニ人間』電子書籍版が税込1,400円から1,120円の280円引きに。さらに「エントリー不要のポイント20倍」キャンペーンがあったらしく、224ポイントももらえた。1,400円の買い物に対して500円分くらいの還元されたことになる。自分は楽天モバイルのSIMを利用しているので、SPU適用でさらにポイントが加算されるだろう。

f:id:kenko-san:20160918155719j:plain

紙媒体にこだわりがなく、安い古本が流通していない話題の新刊をさっと読みたいなら、電子書籍はアマゾンより楽天ブックスで買うのがお得なようだ。

気になるアマゾンKindleと楽天Koboの互換性

基本的にKoboとKindleのデータは互換性がなく、どちらかで買った電子書籍データを共有することはできない。DRM解除や、EPUB/mobi形式を相互変換できそうな裏技もネットで紹介されているが、どれも面倒くさそうだ。

KindleとKoboをどちらか選ぶとしたら、世界的シェアでKindle一択だと思っていたが、日本国内では意外と同じくらいの市場シェアらしい。いずれ電子書籍リーダーの統廃合が行われた場合、気になるのはこれまでKoboで買った本が新しいハードウェアに移行できなくなることだ。Koboの方は世界標準のEPUB形式なので、何らかの方法で変換・保存することはできると思うが、製造中止になったら確実に手間が増えるだろう。

電子書籍の未来

まあ自炊した本もほとんど死蔵している状態なので、一度読んだ本を何度も読み返す機会は実際少ないないだろう。芥川賞受賞の最新作なども、たいてい一度読んで終わりだ。話題の新刊を自宅ですぐ読みたいとなれば、手軽にダウンロードできる電子書籍でOK。しかも安い楽天ブックス&Koboで問題ないというユーザ層が増えてくるかもしれない。

f:id:kenko-san:20160918155800j:plain

学生時代、「インターネットと電子メールが普及すると、世の中からハードコピーがなくなって地球資源が温存される」と聞いて妙に納得した経験があるが、電子書籍の合理性が紙書籍の実用性を上回るには、まだだいぶ時間がかかりそうだ。スマホやタブレットが普及しても、筆記具とノート、手帳が淘汰されないように。時間の問題であるとは思うが、今でも万年筆の愛好家がいて、不便な機械式時計が富裕層にもてはやされるように、高級品・嗜好品として紙の書籍は存続していくだろう。