かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

使用後レビュー JAPANNEXT JN-T280UHD 28型4K格安ディスプレイ

アマゾンで予約注文していた、ジャパンネクストの28インチ4Kディスプレイが届いた。

聞きなれないメーカーで妙に安すぎる価格…
発売前、どこにも使用後レビューが出ていない状態で、まさに「人柱募集中」の先行モニター価格39,999円。不安は募るばかりだが、スペックや他製品のレビューを見る限りは問題なさそうなので、思い切って注文してみた。

※その後、アマゾンでは41,470円で売られているので、実質1,500円程度安く入手できただけだった。

画質に不満なし、基本性能はまずまず

早速設置してDisplayPortから推奨解像度の3840x2160で映像入力してみる。液晶のドット抜けは見られず、発色・コントラストもわりとよい。特に感動するというほどではないが、価格なりによくできているという印象だ。

f:id:kenko-san:20160518110737j:plain

横から斜めに見ても結構画面は認識できるので「視野角170°/160°」のスペックは嘘ではなさそう。45°以上の角度で見込むと、明らかに画面が黄色く変色して見えるが、これはTNパネルの特性と考えるしかなさそうだ。

f:id:kenko-san:20160518110828j:plain

自分はスタンディングスタイルで作業しているので、モニタをエルゴトロンのLXデスクマウントアーム(ロングポール)で支えている。JN-T280UHDのVESA規格対応は問題なく、4本のネジでしっかり固定できた。

エルゴトロン LX デスクマウントアーム、長身ポール 45-295-026

エルゴトロン LX デスクマウントアーム、長身ポール 45-295-026

 

ただ、さすがにディスプレイが28型だと重くて垂れ下がってくるので、サブデスクの上にモニタ本体を載せて加重を分散させている。

f:id:kenko-san:20160518110900j:plain

しばらく使っていると、画面上の文字がところどころにじんでいて、普通の文字が青色のリンクに見えたりする現象に気がついた。モニタに目を寄せて見なければわからない程度なので、通常の作業姿勢で画面から60cmくらい離れて見ていれば、気にならないかもしれない。

f:id:kenko-san:20160518120247j:plain

また、ChromeやAcrobatなど特定のソフト上でマウスカーソルが透明になる不具合が見つかったが、これはグラフィックボード(GeForce GTX 780 Ti)のドライバを最新版(Ver.365.19)にアップデートしたら解決した。

附属のHDMIケーブルが2.0対応でないので注意

せっかくHDMI2.0対応なので、そちらの入力も試してみようとしたところ、どうやっても映像が出なかった。ディスプレイ背面の入力端子で、HDMI1.4の方に差すと問題なく表示された。ただこれだとリフレッシュレートが30Hzまでしか出せない。
いろいろ組み合わせを試して原因を探ったところ、どうやら付属のHDMIケーブルが2.0規格に対応していないようだ。はた目には違いがわからないが、手持ちのHDMI2.0対応ハイグレードケーブルに交換したところ、あっさり60Hzで表示された。

f:id:kenko-san:20160518111119j:plain

これが問題の同梱ケーブル。ウェブサイトや説明書ではケーブルのスペックは「HDMI」とか書かれていないので、注意が必要だ。

f:id:kenko-san:20160518111048j:plain

DELL UP2414Qと比べて最適な画素ピッチ

それまではDellの23.8型4Kディスプレイ、UP2414Qを2年間使っていた。当時は「10万円を切る4Kモニタ」という売り込みで話題になった機種だが、HDMI2.0は非対応、購入後の設定でDisplayPort1.2を有効化しないと60Hzで出せないという代物であった。
IPSパネルで性能は悪くなく、DTPと映像編集が中心の自分は大いに4K解像度の恩恵にあずかったのだが、23.8型だと少々文字が小さすぎる気がした。Windowsやブラウザ画面はディスプレイ設定で文字を拡大できるのだが、Adobe系ソフトや3dsMaxではUI部分に拡大が効かず、ツールやレイヤーを選択しにくいという問題があった。

「小さい画面に高い解像度」というのにロマンを感じて、これまでDELLのXPSやイイヤマ・パソコン工房の製品など、13インチ相当の画面にQHD+(3200x1800)解像度を詰め込んだ、画素ピッチ276ppi相当のノートPCも使い込んできた。しかし、ウェブサイトを見ていても、時々文字が小さすぎて拡大しないと読めなかったり、作業内容によっては不便さがあるのは否めなかった。

通常使用にはJN-T280UHDのように、28型で4K、157ppi程度の画素ピッチが最適なのかもしれない。また、HDMI2.0で入力できるので、同じケーブルでモニタ側のスピーカーから音声出力できたり、便利な点もある。
モニタを23.8型から28型に変えたので、デスク上で一回り画面が大きくなった圧迫感はあるが、画面端のウィンドウは、ちょっと体をずらせば正対して見やすくなる。これはスタンディングスタイルで作業しているメリットだ。 

4Kディスプレイを手軽に試すにはおすすめ

TNパネルで文字のにじみも若干気になるが、4Kディスプレイで5万円を切る圧倒的な低価格。モニタの買い替えを検討していて、ちょっと4Kを試してみたいという方には、魅力的な選択肢だろう。