読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

『インターステラー』レビュー、ハードコアSFと娯楽大作の稀有な融合

ダークナイト』や『インセプション』で有名なクリストファー・ノーラン監督のSF映画作品。2014年の劇場公開をうっかり見逃してしまったが、ゲオの旧作108円の棚に並んでいたので、ようやくBlu-rayを借りて観た。あらすじや科学的な解説はすでに他サイトに情報があるので、そちらをご参照いただくとして、個人的に気になった点をいくつか。

(以下ネタバレ)

シナリオ上の疑問と自分なりの仮説

脚本家が大学で相対性理論を学び、 制作陣に物理学者を抱え、ワームホールブラックホールのグラフィックスが専門家もうならせる、という徹底した科学考証が売りの作品。なんと映画に派生して論文まで書かれらしい。
インセプション』では、マトリックスを超える多重仮想現実のシナリオでSF通をうならせた監督だから、「重力場で時間が遅く進んで自分より老齢になった娘に再会する」なんて筋書はお手のものだろう。科学的な裏付けをもとにしたハードコアSFを基本に、適度なアクションやサスペンス要素、ヒューマンドラマを織り交ぜつつ、見どころによっては誰でも楽しめる作品に仕上げている。一面では、宇宙で生き別れた親子の愛を描いた壮大なドラマともいえるし、種の存続という大義のために暴走したマッドサイエンティストと戦うスパイ映画としても観られる。
ただ、「ブラックホールに吸い込まれても奇跡の生還を果たす」という流れで、さすがにこれは説明がないとおかしいだろう、という点があったので、(作者にとってはどうでもいいことだが)自分なりの仮説と解釈を考えてみた。未来の人類が5次元空間から助けに来るとか、「愛」という第5の物理学的力が作用して親子が再会を果たす、というのは、そもそもブラックホール内が未知の領域だし、フィクションなので、不問に付す。

 時計の針で特異点の観測データを伝える

クーパーが4次元超立方体の中から、娘のマーフにブラックホール内の観測データを送り、それをもとに数式が解けてスペースコロニーが実現し、人類は荒廃した地球からの脱出を果たす。この中で、「腕時計の秒針を動かしてモールス信号でデータを送る」というトリックがあるのだが、あの秒針の動きを実現する仕掛けの説明が足りない。
まず、クーパーがコンタクトできるのはマーフの部屋だけなはずだが、家の外やNASAに帰ってからも秒針は動き続けている。なにか細い帯状のものを操作して、重力波で過去の空間に干渉できることはわかるのだが、基本的には特定時刻を選んで、そこからはリアルタイムに同期してコミュニケーションをとっているように見える。
そこで仮説としては、「クーパーは4次元空間で未来人の指導のもと、TARSとともに修行を積んで、重力波を自在にコントロールできる技術を身につけた」として、

  • マーフの部屋以外の空間にも出現できるようになり、マーフが時計を見ている時間帯を選んでは、ひたすら信号を送り続けた。
  • さらなる修行の結果、時計周辺のローカル座標空間に、繰り返し同じパターンの重力波を送り続ける技を習得した。

という「クーパーの努力論」か、

  • マーフが渡されたアンティーク風の腕時計は手巻きの機械式に見えるが、実は旧NASAが開発したスパイ道具で、秒針の動きを記憶するメモリー機構と、何らかの動力が仕込まれていた。(あるいはマーフが見えないところでゼンマイを巻いていた)

という「時計側原因説」はいかがだろう。

この映画では長い時間の経過を感じさせないような演出が多いので、4次元部屋のシーンで実はクーパーの主観時間で何年も過ごしていた、という話はありえる。他にも、ミラーの惑星~マン博士の惑星からブラックホールまでの移動にかかる数か月とか、ミラー星でのエンジン復帰までの45分間が一瞬で過ぎて不思議に思うが母船に戻るとちゃんと23年経過しているとか、意図的に時間感覚を狂わせるカット割りが行われている。マン博士から母船を奪取したした後すぐにブラックホールに吸い込まれたように見えるが、実際には数日はあって、その間にクーパーは他のAIロボット2体と、アメリアとCASEだけ切り離す段取りを示し合わせていたと思われる。

アメリアのブラックホールからの脱出は可能なのか

ブラックホールで事象の地平面付近からアメリアだけかろうじて脱出するが、実際にはスイングバイ航法で最高速度に達したあたりは光速に近いはずだ。そこから探査船のエンジン加速だけで脱出可能な速度まで加速できるのだろうか。さらに、劇中も加速度Gが半端ないシーンで、乗組員が気絶する描写が2回あるが、大気圏突入やブラックホール特異点の重力で、宇宙船や人体が潰れてしまったりしないのだろうか。
パイロットのクーパーが、神業のテクニックで奇跡の脱出やドッキングを何度も成し遂げるのはよいとする。だが、マン博士の最期のように、宇宙船ごとプシッと潰れて全滅してもおかしくなさそう局面が何度もあり、計器の不調くらいでやり過ごされているのは、ちょっとできすぎだ。これも未来の人類のご加護か、進化した科学技術のおかげか。

ワームホールを超えてビデオ映像を届ける通信技術

「次元を超えて作用できるのは重力だけ」という話だったが、一種のブラックホールといえるワームホールを通して、3惑星から地球へのビーコン信号と、地球から宇宙船へのビデオ映像が送受信できているは、やや違和感を感じる。(このビデオレターが本作品の泣かせどころなのだが)
ブランド教授の重力方程式は未完成だったが、スペースコロニーはつくれなくても、重力波を使った通信くらいはできるようになっていたのか。あるいは、ダークマターアクシオンのような未知の素粒子で情報を伝達できるようになっていたのか。

他にも、いろいろ疑問がわいてくる。

  • ミラー星のミッション中、ロミリーが宇宙船で23年間過ごすには、食料や設備が足りないように見える。(航行中クルーが食事をとるシーンがないので、超効率的な点滴とかで代用されているとか)
  • 老人のマーフが「アメリアだけ生きていてエドマンズの惑星にいる」と知っているはずがない。(クーパーが救助されてから目覚めるまでに実は数か月かかっており、その間にアメリアがエドマンズ星に到着してビーコンで座標を送り始めたとか、マーフも未来人とコンタクトして神通力をそなえたとか)
  • クーパーはブラックホールに落ちたのだから、その間の時間経過が50年程度で済むとは思えない。(未来人が気をきかせて、マーフの死に際に間に合い、アメリアも生きているくらいのちょうどよい過去に戻してくれたとか)

いちいち突っ込むのも野暮だが、いろいろ説明を考えて楽しめそうだ。

過去のSF作品との関連

真っ先に思い出すのは『2001年宇宙の旅』だが、あそこまで突き放した前衛性はなく、むしろエンタメ性とわかりやすさが増した続編の『2010年』に近いくらいの味付け。
『2010年』はよくある二番煎じと映画界では酷評されているようだが、個人的には大好きだ。シド・ミードがレオーノフ号をデザインしていたりもするので。

2001年宇宙の旅(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

2001年宇宙の旅(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

 

モノリスHAL9000が合体したようなAIロボット3兄弟(TARS、CASE、KIPP)がジョークを飛ばしてくるとか、ちょっとパロディー要素も見受けらえる。
スターゲート突入シーンは、最近のCG技術でリアルにはなっているが、視覚表現としては『2001年』の頃から変わっていない。その後、主人公が迷い込むテサラクトの空間もどこかで見た気はするが、最後折りたたまれて収縮していくところはゾクゾクした。

2010年 [Blu-ray]

2010年 [Blu-ray]

 

宇宙ステーションでの時間の経過は『惑星ソラリス』を彷彿させるが、ああいう狂気や内面心理の描写はない。目標とする人類存続の手段は様々だが、どんなピンチでも登場人物のミッション遂行への意思が揺るがないのがハリウッド映画だ。
全能の天才、マン博士を最果ての惑星で救出して、一体どんなアイデアが出てくるのかとわくわくしたが、なんと主人公と頭突き格闘、肉弾戦の末、クルーを見捨てて一人脱出を図りあっけなく自滅という、しょぼい結末にがっかりした。まあ、しょせん博士も人間だったというオチか、惑星の孤独で思いつめてしまったのか。

惑星ソラリス Blu-ray 新装版

惑星ソラリス Blu-ray 新装版

 

2台目のAIロボ「ケイス」は、ウィリアム・ギブスンSF小説ニューロマンサー』『パターン・レコグニション』の両主人公の名前からとられていると思う。『ニューロマンサー』では、AIのつくる仮想空間に閉じ込められ、到達できない対岸の風景をEvent Horizon(事象の地平)と表現していたりするので、本作品との関連は興味深い。
ウォシャウスキー姉妹も映画化なしえなかったこの小説。「電気羊=ブレードランナー」と同じく今や古典として、後世のSF作品は少なからず影響を受けていると思われる。

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

 

マーフの部屋の本棚を通した父子の交流で思い出したのが、三田村信行の『かべは知っていた』という児童文学だ。壁の中の亜空間に閉じ込めらてしまった父親と子供が通信しながら、次第に衰弱していく父の最期を看取るというストーリーなのだが、ノーラン監督もまさか知らないだろう。『おとうさんがいっぱい』に収録されている。

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)

おとうさんがいっぱい (新・名作の愛蔵版)

 

小学生の時に読んだ記憶はあったが、まったく手がかりがなく、本当に読んだのかどうかも怪しい気がしていた。あらためてインターネットで調べて、実在する作品だったとわかって安心したものだ。
今思えば、SFとか観念論に興味を持ちはじめたのは、この本がきっかけだった気がする。平易な文体の子供向け物語に見えて中身はフィリップ・K・ディックという、お子様にはトラウマものの危険な小説だ。

インターステラー関連アイテム

劇中で重要な役割を果たした、ハミルトンの腕時計が販売されている。マーフのアンティーク時計は非売品だが、クーパーの 「カーキ パイロット デイデイト」は国内限定200本が完売、類似モデルはアマゾンで今でも手に入る。せっかくなら重力波が出たり、秒針でモールス信号を送れる隠し機能があったらおもしろいと思うのだが。

3Dプリンタでつくったフィギュアや、原寸大コスプレイヤーも現れ、ひそかな人気を誇るロボットTARS。自作は面倒なので、とりあえず手軽にデスクトップに置いておきたい方には、レゴブロック版でもどうぞ。

クリストファー・ノーランの『Interstellar』、ハードSF好きとしてはしては文句ない大作であった。 ブルーレイとDVDセットを買ってたびたび観返しても損はない作品だ。 


ちなみに、視覚効果を担当したイギリスのVFX会社ダブル・ネガティブを、市川創太主催のダブルネガティブス・アーキテクチャーだと、ずっと勘違いしていた…。山口県YCAMでそれっぽいCGの作品も見たし、ICCでは重力をテーマにしたgravicellsというインスタレ―ションもあったりしたので。