読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

はてなブログとWordPress、PV・広告収入の格差をA/Bテストで検証

これからブログを始めようとする人で、はてなブログのような既存のブログサービスを借りるか、WordPressで一から構築するか、悩む人は多いだろう。運用上のメリット・デメリットはどちらにもあるが「AdSenseでどれだけ広告収入を稼げるか」という観点からは、実は明らかな違いがある。

はてなブログとWordPressで両方ブログを続けていて、こうも格差が生じるのかとアクセス数の推移を興味深く眺めていたが、根本的な原因が気になりはじめた。両者の比較はよくウェブで議論されるが、アクセス数や広告収入の定量的な比較を行っている記事は探しても見当たらなかった。

そこで、1か月ほど条件をそろえたダミーサイトを用意してA/Bテストを行ってみたところ、PV数・広告収入とも仮説を裏付ける結果が出た。結論から言うと、はてなブログの方はWordPressの3倍は稼げる。素人判断ではあるが、ブログで手っ取り早く稼ぎたいならカスタマイズの自由度とかにこだわらない限り、WordPressよりはてなで始めた方が効率的だ。

趣味のWordPressより、はてなの雑談ブログがうける理由

はてなブログとWordPressで1つずつ、合計9ヶ月ほど日記を書き続けてどちらも100記事を超えるくらいコンテンツがたまってきたところだ。はてなの方はこのサイトを見てのとおり、アフィリエイトや株主優待からガジェットのレビューまで雑多な内容で書き散らかしている。WordPressの方はあえてテーマを絞って、趣味の話題に特化している。

それぞれブログをはじめた当初から、Googleアナリティクスを見ていて、はてなの方が妙にアクセス数が多いのが気になっていた。AdSenseの認証を受けて広告ユニットを配置してからも、如実にはてなの方が稼げている。正確には、アクセス数の差以上に売り上げが著しく乖離しているのだ。現時点で同じくらいのコンテンツ量にかかわらず、はてなブログの方がWordPressよりPV数で7倍、AdSense売り上げで20倍くらいの差が出ている。

おそらくWordPressサイトのネタがニッチすぎて、潜在的読者の母集団が小さいともいえる。はてなで取り上げているクレジットカードや株式投資など、節約やお金儲けに関する話題の方が万人に受けやすかったのかもしれない。また、ニーズが高いテーマだからこそクリック単価(CPC)や平均クリック率(CTR)が上がって、それが売り上げの差を拡大しているとも想定できる。

ベンチャー起業家にブログ執筆をすすめる理由

一般的には、クリック単価が高いローンや求人のようなキーワードは競合が多いレッドオーシャンとみなされるが、こんなブログでも王道を狙えば、カスのようなマイナージャンルより高収益を得られるという貴重な体験ができた。

まさにプロダクトアウトよりマーケットイン。市場と顧客ニーズこそが勝利の鍵だ。10年近くベンチャー経営にたずさわってきた自分が、若い起業家にブログ執筆をすすめる理由がここにある。自分で試行錯誤してアフィリエイト収入を得てみることで、売れるテーマというのを肌で感じられるようになる。また、自分の手がける商材に毎日みっちり3記事かけるくらいの知識がなければ、顧客の信用は得られないだろう。

条件をそろえて、はてなとWordPressのA/Bテスト実施

さて、はてなブログの方が売れる理由は、単純に記事の内容が一般向けだっただけなのだろうか。はてなスターやブックマークの仕組みを見ると、はてなの方がWordPressの単独サイトより同一サービス内からの流入が多い気がする。BingのWebマスターツールで被リンク数を調べても、はてな関連のサイトからのリンク数が異様に多い。

これは一度、可能な限り条件をそろえて比較テストを行ってみたいと思った。やり方としては、当ブログの新規記事を一時的にダミーで用意したWordPressサイトの方にアップして、こちらは当面放置。ダミーサイトの方で同じ内容の記事を1ヶ月30記事くらいアップしたところで、元のはてなブログの初期1ヶ月とPV数・AdSense収入を比較するという方法だ。WordPressサイトの方は将来使う予定の独自ドメインを取って、まっさらな状態から新規構築した。テンプレートは使い慣れているSimplicityを利用。

すでにURLリダイレクトした上、ネームサーバの設定変更して閉鎖してしまったが、一時的に解説していたテスト用WordPressサイトは以下のような外観だった。 

f:id:kenko-san:20170117210929j:plain

8月に開始したので、ちょうどポケモンGOブームと重なり、イレギュラーな流入があったかもしれない。それでも1ヶ月経つとブームは沈静化したので、2サイトの記事内容に差が出ないよう、株主優待や節税の話題も散りばめてみた。プラットフォームが違うのでもちろんデザインは異なるが、情報の質という意味では、ほぼ同内容のサンプルを用意できたと思う。

WordPressよりはてなの方が3倍くらいアクセス多かった

新規開設したWordPressサイトで1ヶ月淡々と記事を書き続けたが、PV推移を見ていてどうもはてなで書いているときのような手ごたえがない。ドメインが新しいので検索順位向上に有利か不利かとかいろいろ考えたが、別途運営しているWordPressサイトと比べて落ち度があるようにも思えない。

AdSense規約第9条の秘密保持条項に触れそうなのでAnalyticsの画面は載せないが、ブログ開始から30日間の推移を比べると、WordPressよりはてなブログの方が平均的に3倍くらいアクセスが多かった。AdSense売り上げも似たようなものである。

AdSense収益に直結するアクセス数の観点から評価すると、1ヶ月のA/Bテストと9ヶ月続けている2ブログの状況、どちらを見てもWordPressよりはてなブログの圧勝であった。

はてなブログがSEOに強い理由を考察

身銭を切って試してみたテストで、「はてなはSEOに強い」というのが改めて確認できたわけだが、具体的には以下の理由が考えられる。

  • はてなのドメイン○○.hateblo.jpが検索上位に表示されやすい(まだPro登録前ではてなのサブドメインを使っていた)
  • はてなの方がSNSで拡散されやすい(自分のSNSアカウントではどちらも拡散していない)
  • はてなブックマークやはてなグループ、読者からの流入が多い

上記にピンと来ないブログ初心者の方でも、とりあえずはてなブログを選んでおけば間違いない。メンテナンスも楽だし、最初から検索上位に出て多くの人に読んでもらえる可能性が高い。

あえてWordPressを選ぶのは、とことんデザインのカスタマイズにこだわりたいおしゃれさんか、上場企業はてな倒産の危機に備えておきたい慎重派くらいだろう。運営会社が傾いても、これだけユーザの多いサービスは売却先に引き継がれると思うが。

はてなブログが有利でもあえてWordPressを続ける理由

自分は「はてな」の回し者ではないが、Proアカウントの会費を払って記事を蓄積しているという点では運命共同体である。今後、サービス停止・改悪されたりしたら、バックアップしたデータからしこしこWordPressに移行できないこともないが、かなりの手作業が必要になる。100記事も超えてくると数日はかかりそうでうんざりだ。

WordPressで運営している趣味のブログも、ソースコードを見れば、はてなIDがばれるという致命的な問題さえなければ、同じはてなのアカウントで複数ブログとして運用したいくらいだ。あるいはもう1アカウントPro契約してでも、はてなに移行した方が合理的かもしれない。

迷いながらもいまだにWordPressで更新を続けているのは、はてなべったりになってしまうとHTMLやCSSのコーディングなど、Web関連の知識が衰えてしまいそうな懸念がある。たまには自分でデータベースのバックアップくらい取れるくらいでないと、ウェブ業界のカモにされてしまいそうだ。

また、今後WordPressというサービスがどう発展していくのか見守りたいという理由もある。Simplicityのテンプレートに、はてな風のブログカード機能が実装されたり、WordPressと無数のブログサービスが相互に影響しながら発展しているように思う。単純に「卵は一つのカゴに盛るな」という教訓でもあるが、はてなのサービスを業界標準のWordPressユーザの立場から見て、客観的に評価できる視点を維持しておきたい。

収益を気にしなければレンタルサーバでWordPress運営もあり

そんな自己満足的な理由以外は、保守性や安定性も含めて、はてなブログが有利なのは言うまでもない。先日WordPressがだんだん重たくなって上位のレンタルサーバに乗り換えたし、サーバの移行作業や再設定も一苦労だった。はてなProの年会費は割高だと思ったが、サーバのスペックやトラフィックを気にせずいつでもさくさく軽快に表示できるのは安心材料である。

なにかとメンテに苦労するWordPressに対して「手間のかかる子ほどかわいい」なんて前向きな気持ちは持てそうにない。ただ、こちらのブログは老後の趣味というか、コミュニティー内の互助的精神が執筆のモチベーションになっているので、AdSenseの売り上げは気にせず淡々と続けていこうと思う。いつか広告収入以外のライター稼業や自己ブランドでマネタイズできる日が来るかもしれない、というのもブログを続けるささやかな楽しみである。