読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

シェアハウスで暮らすノマドなミニマリストが株主優待とブログ収入でサバイバルする日記

株主優待で八王子はなの舞ランチ。マヨネーズチキンの味に感動

株主優待

2~3月権利落ちの優待銘柄を整理していて、三光マーケティングフーズの1,000円券が余っているのに気づいた。都心、特に新宿以外に店舗が少なく、なかなか利用する機会がない三光のチケット。調べたところ、めずらしく八王子の月の雫でランチをやっているとの情報を見て、いそいそと向かってみた。

月の雫ランチは1月で終わっていた…

八王子北口のツインタワーは、コロワイド系のラパウザと北海道、すかいらーく系のジョナサンとバーミヤン、三光マーケティングの月の雫が同居するまさに優待ビルだ。駅前に金券ショップが2軒あり、飲食系の株主優待は吉野家くらいしかなかったが、QUOカードを安く買ってバーミヤンで使う(ジョナサンでは使えないので注意)という裏技も可能だ。

ビルの9階に目指す月の雫があるが、エレベーターを降りるとなにやら照明が落ちて薄暗くなっている。お店のドアも閉まっており、中から物音はするが明らかに支度中という雰囲気である。ドア横に貼ってあった張り紙を見ると、ランチタイムは1月で終了とのこと。残念、一足遅かった。

f:id:kenko-san:20170220181800j:plain

ホットペッパーでは1,199円~の「しゃぶしゃぶ食べ放題ランチ」と出ていたのだが、ぐるなびにはランチ情報がなかったので怪しいとは思っていた。三光の株主優待券に同梱されていた利用可能な店舗リストにも、月の雫八王子店がランチ営業しているとの情報はなかった。

気を取り直して、手持ちの優待券が使えそうなお店を探し、南口のはなの舞に行ってみることにした。

はなの舞、八王子店のランチに再挑戦

午後から久々に雨が降る予報のためか、駅の南口に出たところで猛烈な突風が吹き荒れていた。台風並みの強風で中央線も運転見合わせとのことらしい。はなの舞の立て看板も下げられていたので不安だったが、いつも通りランチは提供されていた。

はなの舞のランチは店舗ごとにメニューが全然違うのでおもしろい。八王子店は最低680円~と福生店に比べると割高で、前回はご飯の表面が乾燥していたり、あまり印象はよくなかった。

今日はまだ12時台の入店だったためか、料理に違和感は感じなかったが、店員さんがあまり愛想のない学生アルバイトさんで、フレンドリーなパート主婦中心の福生店の方が雰囲気もよい。

今日も680円の最安ランチをオーダー。常に最低価格のメニューしか頼まないと決めていれば、迷うことがないので楽だ。日替わりの内容は「チキンのマヨネーズ…」と聞こえたが、まあよいかと思った。

f:id:kenko-san:20170220181901j:plain

680円で驚異のうまさ。日替わりマヨネーズチキン定食

テーブルに届けられた日替わりランチは、前回のカキフライ定食と違って、なかなか見事なサイズの鶏肉ステーキだった。鶏肉にマヨネーズが添えられているかと思ったが、全体的にあえて調理されているようだ。

f:id:kenko-san:20170220181943j:plain

一切れ口に入れて驚いた。これはかなりおいしい。鶏肉は十分柔らかく、肉の中までしみ込んだマヨネーズが味覚を心地よく刺激する。昨日食べた夢庵の大判唐揚げが若干淡泊で物足りなく感じたので、このくらいガツンと味付けしてある方がインパクトがある。ややジャンクフード的な味付けだが、日ごろ家でマヨネーズは使わないので、たまに食べると脳天がしびれるほど心地よい。

f:id:kenko-san:20170220181952j:plain

鶏肉も680円の価格に見劣りしないボリュームで、逆にこの値段で充実した定食が食べられるなら、牛丼屋の鍋膳とかちょっといいメニューで満足するのはもったいないと思った。

チムニーの優待券は和風なデザインがいい

今シーズンのチムニー優待券は、毎度おなじみ相撲の土俵が波間からのぞくデザイン。

f:id:kenko-san:20170220182007j:plain

前回はうちわ柄だったので、チムニーの優待券は他店に比べて季節ごとに結構こだわっていると思う。土俵へのこだわりは不明だが。

都心のはなの舞ランチは500円で安いがここまでのクオリティーはなく、八王子店も日によって当たり外れがありそうだが、今日は大満足だった。昨日から鶏肉ばかり食べているが、こんなにおいしいマヨネーズチキンだったら毎日でもOKだ。