読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

【吉野家株主優待】はなまるうどん、おろししょうゆを無料カスタマイズ

私が愛してやまない、はなまるうどんの「おろししょうゆ」。前回、それより安いかけうどん大を試して、期待したほどのインパクトがなかったので、違いを再確認すべく、また汁なしのおろし醤油うどんを試してみた。

kenko-san.hateblo.jp

フードコート内のはなまるうどん

路面店と違いがあるかもしれないので、場所を変えてモール内フードコートの「はなまるうどん」に行ってみた。メニューや値段は変わらず、おろししょうゆは小200円、中300円、大400円である。

f:id:kenko-san:20160918214158j:plain

レジ横にサイズごとの麺の重量(グラム)が掲示されていたが、確認する余裕がなかった。一般的に、はなまるの小は210g程度、公式サイトによると、小1玉、中2玉、大3玉とのことなので、間違って大を頼むと600gを超える量が盛られることになる。

今回は温かい麺で吉野家株主優待券300円ぽっきりの、おろししょうゆ中サイズをオーダーしてみた。はなまるうどんでは、お釣りも追加料金も必要なく、優待券300円きっちり使い切れるのがすばらしい。

f:id:kenko-san:20160918214210j:plain

「3種の揚げかすゴマうどん」を無料で自作

見た目的に百害あって一利なしと信じていたフリーの天かすが、実はビタミンEやパントテン酸、ビオチンなどの栄養素を含むと知って、今回は盛大に載せてみた。とはいえ、脂質中心で100gあたり600kcalもある食材なので、取り過ぎはよくない。ダイエットと逆の考え方では、うどんの麺の量を抑えて節約しつつ、揚げ玉でカロリー摂取して腹持ちよくさせるという使い方もできる。

f:id:kenko-san:20160918214304j:plain

揚げかすは2種類用意されていたので、それぞれふんだんに盛って、さらに生姜とゴマも振りかける。見た目的に「3種の揚げかすうどん」とでもいえそうな美しい仕上がりになった。

f:id:kenko-san:20160918214319j:plain

前回は醤油がかかっていない状態で提供されたと思うのだが、今回は最初から少し醤油がかかっていて「足りなければご自分で足してください」と店員さんに言われた。結果的にはデフォルトでかかっていた少量の醤油で足りた。

おろししょうゆに載せた天かすは、通常のうどんのように汁を吸ってふやけすぎない。微量の湿気を吸って、ややしなっとするが、ところどころサクサクしたてんぷら本来の歯ごたえをキープしていて乙である。

普段、朝食で食べるコーンフレークやシリアル類が湿ってふやけるのは嫌いなので、牛乳はかけずドライに食べる。てんぷらも塩を振って食べるのが好きだし、つゆをつけるときも、さっとくぐらす程度でサクサクした食感を味わいたい。汁なしおろししょうゆやぶっかけと揚げかすは、絶妙な組み合わせだ。

「天ぷら定期券」10/6~発売予告

店内に貼ってあった「天ぷら定期券」のポスターが気になって調べてみたところ、税込300円で定期券を購入すれば、なんと最大46日間、注文時に天ぷら一品無料になるらしい。

f:id:kenko-san:20160918214337j:plain

ニュースリリースには、1日1回1ヶ月の利用で最大3,900円お得と書いてある。1日の使用制限や、天ぷらの値段制限はなさそうなので、一番高い「げそ天」150円を、毎日3食×46日間使えば、最大20,700円の価値があるように思われる。

うどんなら毎日3食食べても飽きずに続けられそうな気がする。前回2015年4月6日~5月14日の「ヘルシー天ぷら定期券」は「単品300円以上のうどんに限る」という条件があったようだが、今回のリリースには明記されていない。「さらにお得になった」といううたい文句はこの点かもしれない。

かけ小130円に、150円のげそ天(気分を変えてえびでもいかでもちくわでもいい)を毎日3食食べて、野菜や肉は別途家で自炊して補う。これで1ヶ月31日間のうどん代は4,030円だ。毎食ご飯一杯、米を食べるより安いのではなかろうか。

はなまるうどんのかけが異様に安い理由

はなまるうどん公式ウェブサイトの「よくある質問」を見ると、かけうどんより他のうどんが高い理由が書いてあった。いわく、讃岐うどん普及のため、かけだけを他より安いサービス価格に設定してあるとのこと。確かに、かけ小130円というのは、外食チェーンではありえない、イケアのレストラン並みの低価格だ。

f:id:kenko-san:20160918214459j:plain

他のうどんが高いのではなく通常価格で、かけだけ意図的に安くしてあるということ。飲食店のメニュー構成で、あえて高い価格のものを設けてほかのメニューを相対的に安く感じさせるという常套手段があるが、はなまるうどんはその逆らしい。やたら安いメニューを看板に掲げて入店のハードルを下げ、魅惑のてんぷらコーナーでオプションを盛らせて稼ぐというビジネスモデルだろう。