読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

シェアハウスで暮らすノマドなミニマリストが株主優待とブログ収入でサバイバルする日記

都内唯一の道の駅、八王子滝山は隠れたメガ盛り&サラダバースポット

観光

このところ優待ランチで外食が続いて栄養がかたよっている気がしたので、野菜を積極的に食べられるお店に行ってみた。といっても、よくあるファミレスのサラダバーとは一味違う、国産野菜の食べ放題だ。

f:id:kenko-san:20170310172616j:plain

実は東京都内に唯一ある道の駅、八王子滝山内のレストランに、単品税込490円の「お野菜バー」がある。道の駅の売店でも売られている八王子や近隣の地元野菜がふんだんに使われた、知る人ぞ知るサラダバーの名所である。しかも毎月8日限定で、3~4人前のメガ盛りメニューを1,000円ぽっきりで食べられる、隠れたテラめしスポットでもある。

滝山城付近の谷間にある人気の道の駅

道の駅がある新滝山街道は広い国道だが、八王子市北部の丘陵地帯にある谷間で、普通の人は中央道のインターから東京サマーランドに行く時以外、通らないのではないかと思う。あるいは北条氏の支城、滝山城を見に来る城マニアくらいのものだろう。

そんなへんぴなところにある道の駅だが、口コミでじわじわ評判が広まっているのか、平日でも駐車場が渋滞するほど混雑している。土日は国道16号からインターあたりまで車の行列ができるのではなかろうか。

f:id:kenko-san:20170310172638j:plain

近所に大きなスーパーがないので、地元の人が普通に食材を買いに来ているともいえる。ほかに比べてとりわけ安いということはないが、基本的に地元中心の野菜が売られているため、品質には安心できるといえる。

f:id:kenko-san:20170310172747j:plain

たらの芽や行者にんにくのほか、名前も聞いたことのないレアな野菜が売られていておもしろい。

f:id:kenko-san:20170310172755j:plain

道の駅の向かいにイオンモール出店計画

実は道の駅の向かいの土地に「イオンモール八王子IC北」が出店する予定で大きな看板が設置されているのだが、どうも計画変更で大幅に工事が遅れているらしい。日の出とむさし村山のモールからほどよく離れた空白スポットなので、イオン派としてはぜひ建設してほしいものだが、まわりは大学や墓地ばかりで住宅・団地は少ない。

今年の夏に国交省が計画している、高速道路からの一時退出特例が実現すれば、八王子インターから1時間以内でイオンに立ち寄る客層も見込めるだろうか。道の駅とは顧客の取り合いになるというよりは、趣向が違うのでさらに来客が増えそうな気がする。

おすすめはコスパの高い八農菜のお野菜バー

さて道の駅内にいくつか飲食の売店があるが、おすすめは八農菜というレストランである。フードコード式で滝山うどんや八王子ラーメン、八王子ナポリタンというB級グルメを食べられる。試したことはないが、駅前には八王子ナポリタンラーメンを提供するお店もあるそうだ。

f:id:kenko-san:20170310172810j:plain

おすすめの「お野菜バー」はメイン料理とセットで370円だが、単品でも490円とリーズナブルに食べられる。野菜の中に芋やとうもろこしもあるので炭水化物も十分摂取できるが、物足りなければ売店で炊き込みご飯とかおはぎを買えば間に合うだろう。

f:id:kenko-san:20170310172844j:plain

サラダバーの構成はキャベツ、レタス、大根、玉ねぎなどの生野菜から、大学芋にカボチャ、もやしのナムルやキュウリのキムチ、ポテトサラダなど手の込んだ料理もラインナップしている。

f:id:kenko-san:20170310172853j:plain

お皿を替えられないのでドレッシング計画は慎重に

ドレッシングは青じそ、フレンチ、シーザー、ごまの標準的な4種類。ビッグボーイやステーキガストのサラダバーと似たような感じだが、得体のしれないファミレス野菜より地元野菜でおいしい気がする。

f:id:kenko-san:20170310172905j:plain

しかも平日ランチでサラダバー単品、ファミレスならどちらも税込600円以上するところ、490円でクオリティが高い野菜を食べられるというのが道の駅の売りだ。

レジで支払いを済ませると、小さ目のお皿を1つもらえる。他店のようにお皿の替えは効かないので、ひたすら同じ皿に野菜を盛り続けることになる。すなわち、野菜にかけるドレッシングは控えめにしておかないと、混ざってひどいことになってしまう。最後にしょっぱい汁に浸ったフルーツを食べるのは残念だ。

f:id:kenko-san:20170310172922j:plain

とりあえず葉物と海藻に青汁から入って、徐々に油分を増しつつドレッシングは4種類制覇した。甘くない大学芋とでもいえそうな、軽く芋を揚げたものと、かぼちゃも練り込んであって濃厚なポテトサラダが気に入り、デザートの後もしつこくリピートした。野菜だけで相当腹が膨れたが、合計10皿以上食べたと思う。

8の日限定のセット割引とメガ盛りメニュー2品

テーブル上のメニューを見ると、8の日限定のセットメニュー値下げと、メガ盛り2品があることと知った。かつ丼3倍で通常2,400円が1,000円という安さが売りの「メガ盛りタレかつ丼」。他のメニューと同様、親切にカロリーが記載されているが、2,367kcalという数字に目を疑う。かつ丼はおいしそうだが、3食分を一気に食べて幸せかどうかはわからない。

f:id:kenko-san:20170310172945j:plain

もう一方の「メガ醤油ラータン」は謎だが、大盛りのワンタンラーメンだろうか。こちらは4人前でも787kcalと控え目なカロリーに見えるので、おそらくかつ丼のメガ盛りはおとりでこちらに誘導したい考えだろう。

8の日セットの値引き額は270円なのでそこそこ安いが、元のメニューが高いので「100円でサラダバーも付けられる」くらいの感覚だ。機会があれば8の日に来てみて八王子ラーメンやナポリタンを試してみたい。

シニア客層の多い道の駅になぜメガ盛りが…

平日の日中ランチタイム、まわりを見回すと高齢者の夫婦が中心で席はほぼ埋まっている。自分でも完食できるか注文をためらわれるようなメガ盛りメニューがあるのは顧客層的にミスマッチな気もするが、サラダバーの価格が抑え目なのは年齢層を踏まえてのことだろう。どん亭のしゃぶしゃぶ食べ放題も、65歳以上は2割引きだ。

限定メニューが出現する8の日だけはがらっと雰囲気が変わって、都内から大飯喰らいの猛者たちが集まってくるのかもしれない。アークミールの肉の日の合間に、来月にでも参戦してみたいと思う。