かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストの株主優待日記

ゼンショー株主優待券でビッグボーイのサラダバー食べ放題

ビッグボーイ、略してB-Boy。
ゼンショー株主優待券は使い道が多いが、ここではビッグボーイのサラダバー食べ放題で満腹になる方法を紹介する。

ゼンショー株主優待(お食事ご優待券)

f:id:kenko-san:20160512225141j:plain

店舗数日本一の牛丼チェーン、すき家を抱えるゼンショーホールディングスでは、100株で年2回、500円の優待券を2枚ずつもらえる。年間で2,000円相当で、現在の配当利回りは2%にも満たない。正直、牛丼株では一番魅力に乏しい銘柄だ。
だが優待券が使えるグループ店舗としては、ファミレス、うどん屋から回転寿司にメキシコ料理まで、業界随一のバリエーションを誇る。その中で、貴重なゼンショー優待券を使うのにおすすめの店はビッグボーイ、そしてサラダバーの単品注文だ。
500円の優待券、すき屋でもなか卯でも、めいめい好きなものを頼めばよいと思うのだが、バイキングで遠慮なく食べられるというのは特別な誘惑を感じる。

ビッグボーイのサラダバー料金と内容

ビッグボーイステーキガストなど、ドリンクバーだけでなくサラダバー・スープバーもそなえたファミレスが増えている。たいていはメインの肉料理にライスとセットで頼むのが普通だが、実はサラダバーを単品で頼むというオプションも存在する。

f:id:kenko-san:20160512225157j:plain

ビッグボーイのメニューでは、「サラダ単品590円(税抜)」、「単品BigBoyバイキング790円(税抜)」となっている。一番安い「手ごねハンバーグ」のバイキングセットで990円(税抜)なので、「200円で肉がつくならまあセットで頼もうか」と普通は考えるところだ。そうして、「もうちょっといいステーキか、炙り大俵のハンバーグというのもうまそうだな…」とか考え始めると、1,200円、1,300円…と金額もアップしていく。
ここは優待券を大事に使うため、いさぎよくサラダを単品で頼もう。料理の待ち時間もゼロだ。

f:id:kenko-san:20160512225150j:plain

サラダのラインナップは店舗によってまちまちだが、自分はオクラや、ほうれん草ごまあえの和風おかずを好んでよそっている。普段なかなか食べない、杏仁豆腐や、みかんドルチェのデザートも、ここぞとばかりに盛りまくる。好物のコーンスープは3杯はおかわりする。

f:id:kenko-san:20160512225153j:plain
ビッグボーイに来たら、肉やプレートの盛り合わせで腹を膨らませるよりも、とにかくサラダバーをかき込んで日ごろの野菜不足を解消する。そしてチケット1枚の500円から足が出た部分は現金払いで、優待分を余さず使い切るのが自分流だ。

サラダ単品とバイキングの違いが謎

最終的に支払う料金だが、店舗やスタッフさんによって運用が違うのか、上記の「サラダ単品」と「単品BigBoyバイキング」で伝票がまちまちだったりする。そもそも、サラダバーの内容にスープバーは含まれているようなので、それにライス&カレーをつけると、あるいはドリンクバーまで含まれるのがバイキングなのか、違いがよくわからない。ドリンクなしのサラダ・スープ・カレー食べ放題がバイキングメニューだと思っていたのだが、たまにサラダ単品の安い伝票になっていて、とまどうときがある。
回転寿司のように、特に会計時になにを食べたかチェックする仕組みもないようだ。次回は店員さんに詳しく聞いてみようと思う。

f:id:kenko-san:20160512225134j:plain

まあそれでもゼンショー100株なら年に2,000円、4回分プラス差額現金払いのサラダパーティーと贅沢なイベントなので、誕生日やクリスマスなど特別な日にBig Boyを活用するとよいだろう。