読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

Amazonプライムでいつの間にかビデオ見放題になっていた。音楽も聴き放題

映画

お急ぎ便の配送料が無料になるということで、2010年に契約したアマゾンプライム。当時はアマゾンのヘビーユーザで、余裕で元が取れると思って6年間、自動継続の有料会員を続けてきた。

最近節約志向で、アマゾン・楽天のネット通販に限らず、買物すること自体が少なくなってきたので、年会費のかかるプライムサービスは解約しようと思ってアカウントサービスの設定画面を開いてみた。すると、プライムの会員特典として、映画や音楽が無制限に視聴できて、Kindle本を毎月1冊無料で読めるサービスが追加されていることに気づいた。調べたところ、プライム・ビデオとPrime Musicのサービスは2015年秋に開始されたらしい。

プライム・ビデオの微妙なラインナップ

映画を検索してみると、なんと最近ゲオでDVDを借りて観た『武士の家計簿』も『武士の献立』も、プライム・ビデオで無料で鑑賞できたではないか!

kenko-san.hateblo.jp

kenko-san.hateblo.jp

最近のアクション映画では007スカイフォールとか、ミッションインポッシブルのローグ・ネイションなどもある。ただし検索してみると、スターウォーズとかハリーポッターとかメジャーなシリーズものはない。 

f:id:kenko-san:20161021235157j:plain

以前ドコモユーザだったときに、月額500円(税別)でdビデオを契約していたときのラインナップに似ている。最新作や、思いつきで「観たい」と思った映画はたいていなく、B級な邦画や、なぜか任侠ものやスパイ映画が全シリーズ揃っているという偏った編成だった。おかげで、ノロウイルスにやられて数日間寝込んでいた時期に、『仁義なき戦い』の深作欣二監督シリーズは、オリジナルから『組長最後の日』まですべて観ることができた。

新 仁義なき戦い 組長最後の日 [DVD]

新 仁義なき戦い 組長最後の日 [DVD]

 

dビデオは去年dTVに名前が変わり、HuluやNetflixなど定額制の動画配信サービスが増えてきた。しかし最近は平日も休日も仕事や趣味で忙しく、そんなに映画を観ていられる暇がなくなったので、あまり食指が動かなかった。昔、ツタヤのDVD宅配レンタルサービスDISCASを使っていて、毎月のノルマを達成できず全然元が取れなかった苦い経験がある。

もし今、高校生だったら、動画の見放題サービスはウハウハだろう。あの頃はレンタルビデオでひたすら映画を観ていて、小遣いが尽きれば図書館の無料ビデオコーナーに入り浸り、毎日3本とか映画を観ても平気だったのに。

海外テレビドラマとか、独自企画の作品はあまり興味がないので、メジャーな洋画/邦画のコンテンツ数が各社サービスでそれほど差がないとすると、Amazonプライム・ビデオのコストパフォーマンスは際立っている。年会費3,900円で月額換算325円(税別)。Huluの税別993円とかに比べると、およそ1/3の料金で済む。しかもその他のアマゾン送料無料や音楽聴き放題サービスも込みだ。

ためしにAmazonプライム・ビデオのおすすめ日本映画に挙がっていた『さよなら渓谷』を観てみた。 

kenko-san.hateblo.jp

プライム・ビデオのラインナップは微妙だが、気に入った映画があれば、いつでも好きな時に好きなシーンを再生できるのが便利だ。mp3で音楽を聴くように、お気に入りの映画のワンシーンをミックスしたり、プレイリストをつくったりできるようになるかもしれない。

Prime MusicはGoogleやAppleと比べるとしょぼい品揃え

音楽配信サービスのPrime Music(なぜかこちらは正式名称が英語)は、100万曲以上のラインナップでプレイリストも充実とのこと。だが定額制の音楽配信も、Apple MusicやGoogle Play Musicなど大手のサービスがひしめいている。

日常的に聴いているマイナーな音楽ジャンルは検索してもかからなそうだし、昔買った安いmp3プレーヤーとかに移してオフラインで移動中も聴きたいので、去年Apple Musicが出て話題になっても特に興味を持たなかった。

しかし、試しにChromeブラウザからGoogle Play Musicを検索してみたら、結構…いや、かなりマニアックなアーティストも揃っているとわかった。3500万曲というのは伊達じゃない。最近、御茶ノ水のジャニスで掘り進めていたBang on a Canの関連人物、David LangとかMichael Gordonとか…ジャニス以上に充実しているではないか。

kenko-san.hateblo.jp

Julia Wolfeのソロ作品があるなんて知らなかった。検索にかかったカタカナ書きの名前の方は、なんかポップに歌っているので別人物か?

Steel Hammer

Steel Hammer

 

Google Play Music、月額税込980円というのは高いが、使い倒せれば利用価値は高そうだ。Apple Musicは試していないが、980円で3,000万曲なので同程度のサービスを提供しているのだろう。

さてAmazonのPrimie Musicの方は100万曲なので、上記2大サービスの1/30以下。例えばDoctor Nerveで検索してみたら、Googleは共同作品のEREIAも含め全アルバム出るが、アマゾンだと2作品くらいしか出ない。

Spy Boy

Spy Boy

 

とりあえず手元に持っていないEvery Screaming Earのライブアルバムを聴きながらこの記事を書いている。16曲目のSpy Boyとか、オリジナルの1.5倍速くらいの前のめりな演奏でなかなかよい。

いずれ定額音楽配信サービスの低価格化が進んで、ラインナップも完璧になったら、音楽はストリーミングで聴くのが普通になるかもしれない。さらばカセットテープにミニディスク、そしてmp3も死語になるか。子供の頃から一体いくらレンタルCD屋に注ぎ込んでリッピングしてきたことだろう。

Kindleオーナーライブラリーは専用端末がないと不可

1ヶ月に1冊、好きな本が読めるというのはおもしろいと思ったが、手持ちのAndroidスマホのKindleアプリではどうやってもメニューが出てこない。調べたところ、どうやらAmazon謹製のKindleかFireタブレットを持っていないと利用できないようだ。 

プライムの別のサービスで、「KindleかFireが4,000円オフ」という特典あるので、とりあえずそれで端末を買えということか。別でKoboは持っているので、電子書籍リーダーはもういらない。

kenko-san.hateblo.jp

今買うなら、2016年9月21日発売のFire HD 8だろうか。Androidでなくアマゾン独自のFire OSというのが気になるが、ごにょごにょやればGoogle Playに接続して、dマガジンで雑誌とかも読めそうだ。iPad miniと同じくらいのサイズで、microSDカードも差せるのでかなりよさそうに思う。税込定価12,980円の16GBモデルでプライムのクーポンを使えば4,000円引き、8,980円で最新Fireタブレットを購入できる。

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

 

画面サイズやスペックにこだわらなければ、既存モデルのFireタブレット8GB版がクーポン適用後4,980円になって最安だ。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

Fire HD 8にプライム・ビデオをダウンロードして、新幹線での移動中とかにオフラインで観られれば最強だろう。食事や行列待ちのときとかに、スマホの画面でKindle本をよく読むが、さすがに画面が小さくて疲れを感じることがある。テキストだけならKindleアプリでもよいが、dマガジンで雑誌を読むなら、せめてズーム不要なiPad miniくらいの画面サイズは欲しいところだ。

Amazonプライムと併用すべきアマゾンゴールドカード

アマゾンのゴールドカード会員になれば、Amazonプライムの年会費が無料になるらしい。無料のクラシック版ではだめで、年会費10,800円のMaster Card ゴールドが必要になる。Amazonでの買い物で2%ポイントバックなので、ヘビーユーザなら検討してもよいカードかと思う。  

さすがに年会費1万円は高いかと思ったが、「マイ・ペイすリボ」に登録して、Web明細に変更すれば、年会費6,000円引きになるようだ。リボ払いの方は、利用限度額と同額に設定すれば一括払いなので利子はつかない。

これで今まで払っていたプライム年会費3,900円が無料になるなら、実質負担108円でゴールドカードを持てることになる。国内限定だが空港ラウンジも利用できて、なかなかよいカードかもしれない。

ゲオの格安DVDレンタルや楽天プレミアムとの比較

Amazonプライムに追加されたサービスの中では、やはりプライム・ビデオが魅力的だが、これまで通り、近所のゲオで旧作108円で借りて、さらにゲオの株主優待で半額にすれば、毎週1本映画を借りても月額216円。それに比べるとHuluはともかく、プライム・ビデオもまだ高いかもしれない。年間契約というのも気になる。 

ただし、ビデオ・音楽の無料配信サービスが利用できるので、年間税込み3,900円と同料金の楽天プレミアムを契約するよりは、アマゾンを選んだ方がよさそうだ。

最近、楽天モバイルだけでなく、楽天証券に口座開設して、ついでに楽天銀行も申請、楽天クレジットカードまでつくってしまった。決してSPUのキャンペーンに釣られたわけではないが、ネット証券としては取引手数料が安く取扱商品も充実していて、銀行口座の普通預金利率もイオン銀行並みに悪くないと思う。 

kenko-san.hateblo.jp

どうせ囲い込まれるなら、アマゾンか楽天に絞った方がポイント還元的にも有利なのだが、コンテンツに強い(そしてウェブサイトのデザインがましな)アマゾンか、後発でも地味にうまみがある楽天を選ぶか、悩ましいところだ。