かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

Google AdSense審査の怪(意外な合格基準?)

GoogleAdSense登録審査に、1か月ほど試行錯誤してやっと通った。ネット上では審査条件について、さまざまな都市伝説がささやかれており、その基準もGoogleの都合でしょっちゅう変わるようなので、「これで絶対通る」とはいえないが、いろいろ試して「結果的に受かった」方法を紹介する。

※この記事の情報は2016年5月15日現在のものである。AdSenseの申請フローや審査基準はすぐに変わるかもしれないのであしからず。

AdSenseに7回申請してダメだった

当ブログとは別に、独自ドメインレンタルサーバWordPressを使ったブログサイトを構築していた。最初は適当に5記事、各1,000字程度の文章量、画像もたくさん埋め込んだ状態でアプライしたが、あっさりリジェクトされた。

承認されなかった理由は、Googleから届いたメールによると「不十分なコンテンツ」。以下のようなヒントが列挙されていた。

AdSense の承認を得てサイトに関連性の高い広告を掲載していただくには、AdSense の担当者による審査とクローラによる解析でページの内容を判断できるだけのテキストがページに含まれている必要があります。この問題を解決するには、次のヒントをお試しください。

  • ページで十分なテキストを使用してください。画像や動画、Flash アニメーションがほとんどを占めるウェブサイトは承認されません。

  • コンテンツには、タイトルだけでなく、意味のある文章や段落が含まれている必要があります。

  • ウェブサイトは、AdSense にお申し込みいただく前に作成を終え、公開した状態にしておいてください。サイトがベータ版や「作成中」である場合や、テンプレートの要素しかない場合は、お申し込みにならないでください。

  • 広告コードは、ウェブサイトの有効なページに配置してください。メインページでなくても構いませんが、AdSense 広告コード以外に何もないテストページは承認されません。

  • ユーザーがウェブサイトのすべてのセクションやページを簡単に見つけられるよう、わかりやすいナビゲーションを提供してください。

  • YouTube 動画を収益受け取りの対象にしたい場合は、YouTube 収益受け取りプログラムにお申し込みください。動画のみのブログやウェブサイトは承認されません。

 素直に読めば、単純にコンテンツのボリュームが足りなかったと思われる。それ以降は1日に1記事追加のペースで更新し、平均2,000字程度の文章量、画像も小さ目・少な目にして1か月続けてみた。30記事以上のページができたので、これなら十分だろうと自信満々で再申請したが、あえなく撃沈。理由は前回と同じ「不十分なコンテンツ」だった。

ウェブサイト内容の見直し

ネットの情報では、5記事や10記事でも受かったという話があったので、記事数・文章量の問題ではない気がする。それ以外に、何かGoogleの審査基準に抵触する部分があったのではないかと思い、修正しては再申請し数日待つ、というループを6回繰り返した。その間ほどこした修正は以下の通り。

  • 画像を一つ残らず削除する
    (旅行記のような記事で写真がまったくないと逆に不自然だが、ひとまず外してみた)
  • ナビゲーションを充実させるため、グローバルメニューやパンくずリスト、サイドバーのカレンダーなど設置する。
  • 他サイトへのリンクや広告はすべて削除。もちろんAmazonアソシエイトも。
  • AdSenseのポリシーに抵触しそうなテキストを外す。直接販売はしていないので問題なさそうだが、お酒や薬に関する話題、ちょっとお下品な内容の文章はすべて削除。

不承認の理由が「不十分なコンテンツ」だったので、とにかく記事数を増やそうと思って1か月も書き続けたのが間違いだったのかもしれない。その中でポリシー違反の表現とか、地雷をばらまいてしまったのではないかと思い、疑心暗鬼になってテキストの見直しを行った。しかしそれでも「不十分なコンテンツ」の一点張りで落とされ続け、さすがにウェブサイトの中身以外になにか原因があるのでは、と考え始めた。

審査の流れとログイン方法を見直し

審査の流れについては、AdSenseヘルプの「お申し込み方法」によると、申し込んですぐに広告ユニットを生成し、サイトに埋め込んで審査を待つべし…との記載がある。ここで、「1次審査、2次審査がある」というルールが最近変わったのかといぶかしがる。すると、「広告を設置していないので、いつまでたっても審査が進まない」という状態だったのだろうか。それでコンテンツが不十分だったということか。

しかし、申し込み後にAdSenseにログインしても、以下のメッセージ表示されるだけで、広告ユニットは生成できない。

無効なアカウントです

お客様にお申し込みいただいた内容は現在審査中であるため、このログイン情報を持つ AdSense アカウントは存在しません。審査はお申し込み日から 1 週間以内に終了し、結果は電子メールでお知らせします。AdSense への参加が承認されましたら、現在のアカウントでログインしてプログラムをご利用いただけるようになります。

 何かログイン方法に問題があるのでは、と思い、トラブルシューティングを参照すると、

google.co.jp/adsense にアクセスし、次の手順に従ってください。1. Google アカウントからログアウトする。2. ブラウザのキャッシュをクリアする。3. CookieSSL 2.0 を有効にする。

すべて試したが、変化はなかった。SSL2.0は脆弱性が発見されたため、IEではデフォルトオフで、Firefoxではそもそも有効化できなかったり、このあたりが怪しいとにらんだが、結局「無効なアカウント」と表示され、それ以上先に進めなかった。

※その後、IEで銀行の法人向けインターネットバンキングにログインしようとしたら、「ページが見つからない」状態になっていた。原因を調べたところ、最近SSL3.0も脆弱性が見つかって、通信が無効化されていたらしい。オプションでSSL2.0と3.0を両方オフにする必要があったので、似たようなエラーではまっている人は注意。

AdSenseヘルプフォーラムで原因を探る

他のウェブサイトのAdSense審査の記事は、情報が古かったりしてあてにならなそうなので、Googleの公式文書をひたすら漁ってみた。その中で、AdSenseのヘルプフォーラムに有益な情報があった。

「不十分なコンテンツ」という自分と同じ理由で何度か落とされたユーザが、業を煮やして「このサイトのどこが悪いのだ!?」と質問しているスレッドがいくつかあり、それに対して関係者が「このへんのページが十分でない」など、結構具体的な回答を行っている。「はてなブログで自動生成されているプロフィールページが物足りない」とかも。中には「画像を使っていると審査に通らない」というのは嘘で、「コンテンツ性のある画像なら構わない」というような、巷でいわれていることと正反対のコメントもあった。

このまま審査を通らなかったら、自分もフォーラムで俎上に載せてもらおうかと思った。

別サイトで申請したら、あっさり受かった

もしかすると、自分のGoogleアカウントや、申請したウェブサイト自体が、「申し込みの回数が多すぎる」とかの理由で、ブラックリストに載ってしまったのではないかと思い始めた。そこで試しに、別のGoogleアカウントで、以前から運営していた別のサイトを対象に申請してみたところ、あっさり受かって「AdSenseへようこそ」というメールが届いた。 

お申し込み内容の審査が無事に完了しました。あとは最初の広告ユニットを作成し、生成された広告コードを○○に挿入すれば、アカウントの有効化手続きが完了します…

これが1次審査を通過したということらしい。やはり1次、2次の審査ルールは変わっていなかったようだ。

やっとAdSenseにログインできるようになって、適当な広告ユニットを生成してウェブサイトに配置、待つこと2日くらいで、「おめでとうございます!」という有効化完了を知らせるメールが届いて、ウェブサイト上に広告も表示されるようになった。

※ちなみに当ブログで申請することも考えたが、最近、無料はてなブログサブドメインではAdSenseに申請できなくなったらしく、確かに申込みフォームにURLを入れたら、エラー表示で先に進めなかった。はてなブログで申請するなら有料のPro版にして独自ドメインでやるしかないが、はてなサブドメインで検索順位が底上げされていたりするので、悩ましいところだ。

自分なりに考えるAdSense審査の基準(仮説)

何度申請しても通らなかったサイト(Aとする)は、WordPressベースで30記事、6万字ほど書いたブログであった。一方、一発で受かったサイト(Bとする)は、何年も前につくったプロフィール的なサイトで、ページは日本語/英語版の2枚、文字数は合わせて8,000字ほど、画像も多く使っていた。

単純なコンテンツの量で見ると、Aのブログサイトの方が圧倒的に多い。「何かまだ見落としていたポリシー違反あった」という理由もありそうだが、サイトの中身以外の違いから推測される審査基準は以下の通りだ。

ドメインエイジがものをいう
ABとも独自ドメインだが、Aは1か月に取得、Bは11年3か月運用していた。
②被リンク数がちょっと効くかも
ABともページランクは0だが、Aは被リンク0、Bは1件あった。

帰納的に推測できる因果関係はこのくらいだが、同じ理由「不十分なコンテンツ」でAdSenseの1次審査を落ち続けている方の参考になれば。他に長い期間運用しているウェブサイトがあれば、問題のサイトは諦めて、そちらで申請を試してみるとよいかもしれない。ちなみに2次審査は、内容の薄いBでも問題なく通過した。AdSenseの審査用サイトは、必ずしもブログ形式でなくてもよいといえそうだ。


ちなみにウェブより書籍の情報が信頼できるかと思い、こちらの本を読んでみたが、肝心の審査については1次、2次とも数ページでウェブと同じ情報が書いてあるくらいで、あまり役に立たなかった。

Google AdSense 成功の法則 57

Google AdSense 成功の法則 57

 

追記(2016年5月25日)

その後、問題のサイトで「トップページだけいつまでたってもGoogleにインデックス登録されない」というトラブルが起こり、原因を調べたところ.htaccessファイルの記述ミスが原因だとわかった。もしかするとAdSenseに受からなかったのも、単にクローラーが巡回できなかっただけかもしれない。確かにGoogleから届いた審査不承認のメールにも「AdSense の担当者による審査とクローラによる解析で…」とあるので、クローラーが通らなかったら減点なのは間違いなさそうだ。

kenko-san.hateblo.jp

 もしそうだとすると、AdSenseの審査に落ち続けている人は、むやみに文章を増やしたり画像を削除したり、サイトの中身をいじる前に、まずはSearch Consoleに登録してみた方がよい。クロール関係のエラーが出ていたり、Fetch as Googleがエラーで通らなかったら要注意だ。