かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストの株主優待日記

擦りきれるまで7年使ったトトノエレポートパッドホルダーレビュー

個人的なメモ書きや打ち合わせの際に、A5~A4サイズのレポートパッドを愛用している。普通のノートだとテーマごとに冊子を分けたり管理が面倒だが、1枚ずつ切り離せるレポートパッドなら、用途を選ばず持ち出せる。

ちぎった紙は案件ごとにクリアファイルに挟んでおいて、プロジェクトが終わったらまとめてスキャンして処分するやり方だ。ノートのストックが必要なく、使った分からどんどん片付いていくので、ミニマリスト向きの書類整理法といえる。

今日は長年使って劣化しまったトトノエのレポートパッドホルダーについて、処分前にレビューしてみたい。

f:id:kenko-san:20171012200030j:plain

レポートパッドのカバーで悩む

レポートパッドは万能だが、一点だけ不便なのは、背表紙の強度が十分でなく、立った状態や座って膝の上で使うと、本体がしなって書きにくいときがある。そこで思いつくのがレポートパッドを収納するカバーやリーガルパッドの製品群だ。

伊東屋のオリジナルからツァイトベクターまであらゆる市販品を検討したが、革製のは重厚すぎて重く、プラスチックのは貧相な上に硬すぎ、どちらも厚すぎてかさばるという印象をもった。その中で唯一軽い紙製で、スマートなデザインで見た目も安っぽくない、トトノエのレポートパッドホルダーが気になった。

必要最小限のトトノエレポートパッド

A4サイズで2,000円程度と、価格もそれほど高くない。パッドを挟む部分と、対面に切り取った用紙を挟む必要最小限の切り込み。余計な名刺入れやポケット、ペンホルダーさえ省いた潔いしつらえに魅かれて、気づけば7年間も使いつづけていた。

A4版が気に入ったので、iPad miniと同じくらいのサイズで鞄の中でも収まりがいい、A5サイズも買い足したくらいだ。

f:id:kenko-san:20171012200252j:plain

途中から、黒い製本テープを使って中央のヒンジ部にペンホルダーをつくってみたりしたが、何となく全体の完成度を崩してしまう気がして外してしまった。

閉じた状態で固定するスナップボタンやゴムひもがないのも不安だったが、不用意に開いて書類が散乱するというアクシデントもなかった。

厚紙なのに安っぽく見えないデザイン

左側の2つの切り込みは、各用紙サイズでちょうどよくタイトに作られているので、両方に書類の角を挟めばずり落ちてくる懸念はない。

f:id:kenko-san:20171012200313j:plain

遠目からはシックな革製に見えないこともなく、厚紙の適度な張りとプラスチックにはない温かみが、手によく馴染む。大きい文具店に行く度に、新製品や輸入品をチェックしてきたが、トトノエのホルダー以上にそそられるものはなかった。

表紙が破れるまで使いつづけた結果

お気に入りのレポートパッドカバーだが、5年くらい使うとさすがに劣化してヒンジ部分の紙が破けてきた。外観は黒色だが、破けたところから見える中身が白いので、若干目立つ。

f:id:kenko-san:20171012202428j:plain

なんだかゴムひもが緩んだパンツを履き続けているような居心地の悪さはあったが、機能的にはほとんど影響ないので、そのまま数年使っていた。

f:id:kenko-san:20171012200439j:plain

「軽くて丈夫」といっても、そこは紙なので、プラスチックの耐久性にはかなわない。本革のように、着色クリームでごまかしワックスをかけてメンテするという方法も効かない。

f:id:kenko-san:20171012200429j:plain

せめてSIWAのナオロンや、タイベックのような素材であれば数倍長持ちしたであろうが、価格も2倍以上になってしまうことだろう。「傷んだら買い替え」というのがTOTONOE紙製品との賢い付き合い方のようだ。 

代替品候補:ミシン目入りのリングノート

最近は、さらに荷物を減らすことを優先して、レポートパッドもむき出しのまま使うようになってきた。安いクリアファイルに挟んで持ち運べば、かばんの中でビリビリになったり折り目がついたりすることもない。

また、ミシン目入りのリングノートというものがあるのを発見した。普通のノートとレポートパッドの利点を兼ね備えたベストな文具ではないかと思い、各社製品を使いながら検証中である。

この分野ではデルフォニックスのロルバーンが定番と思うが、黄色がかった紙が気になるのと、ほかの人とかぶりまくるのがいまいちだ。ゴムひもは便利なので、厚みが半分で表紙のロゴがなければもっとよかったと思う。

デルフォニックス ロルバーンポケット付メモA5 ダークブルー

デルフォニックス ロルバーンポケット付メモA5 ダークブルー

 

地味に優れたマルマンのスパイラルノート

ロルバーンより意外と使えるのがマルマンのスパイラルノート。40枚入りの薄い方だと、バネのようなリングの直径も小さく、左ページに右手で書くときに、手に当たってもそれほど痛くない。 

マルマン A4 スパイラルノート 方眼罫 40枚 N245

マルマン A4 スパイラルノート 方眼罫 40枚 N245

 

サイズはB6からA4まで、横罫だけでなく好みの5mm方眼も用意されているので、地味に役立つ製品だ。表紙はいまいちピンとこないグラフィックと無印良品っぽいボール紙だが、その実力はあなどれない。 

コクヨのソフトリングノートは惜しい

最近出たコクヨのソフトリングノートも、リング部がふにゃふにゃの素材で手触りよいが、シンプルなクリアー表紙の5mm方眼ドットは、80枚入りしかないのが残念だ。カラフルシリーズは40枚の仕様もあるが、新開発のドット入り罫線というのにどうも馴染めない。

f:id:kenko-san:20171012201004j:plain

毎日そんなに枚数を消費するわけでないので、80枚もあると両面使い切るのに1年くらいかかりそうだ。その分、余計な重量を持ち運ぶことになるので、ノートはできれば薄型でこまめに交換する方がスマートである。マルマンの40枚か、もっと薄手でもよいと考えている。

コクヨ ノート ソフトリングノート クリア 80枚 A5 方眼ドット罫 透明 ス-SV538WT-T

コクヨ ノート ソフトリングノート クリア 80枚 A5 方眼ドット罫 透明 ス-SV538WT-T

 

HINGEも気になるが…

トトノエのレポートパッドは、いまだに代用品が思いつかないくらい優れたデザインだが、唯一idontknow.tokyoのHINGE(ヒンジ)という製品が気になる。トトノエよりさらにシンプルで、樹脂製なので厚紙より耐久性がありそうに見える。

HINGEも千円ちょっとなので買って試してみるのもよいが、この路線で究極的に行きつくところは「バラで紙数枚、クリップかクリアフォルダーで持ち運ぶ」というスタイルな気がする。ミニマリストの財布と同じ話だろう。

とりあえず手持ちのノートが尽きるまで、レポートパッドのカバーを買い替えるのはしばらく待ってみようと思う。