かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストの株主優待日記

日本一眺めのいい熱海のジョナサンで優雅なランチ(すらいらーく優待)

すかいらーくの株主優待でジョナサンに行ってみた。どこにでもあるファミレスチェーンだが、今回は旅行ついでに寄った熱海のスペシャルジョナサンだ。砂浜を2階から望む素晴らしいロケーションで行列必死だが、5月末のオフシーズン&平日というタイミングで特等席をゲットできた。

f:id:kenko-san:20170604201227j:plain

熱海の穴場、サンビーチと来宮のジョナサン

「わざわざ熱海に来て海鮮料理でなくファミレス?」と侮ることなかれ。良心価格の定食にドリンクバーで長居できるジョナサン熱海サンビーチ店は、海岸沿いの隠れた穴場だ。北にビーチを眺め、東を向けば親水公園のマリーナと熱海城まで拝める角地2階のロケーションは、熱海の一等地といえる。

f:id:kenko-san:20170604201257j:plain

ホテルの高層階やリゾートマンション内のレストランも眺望はいいが、高い場所代を取られず、崖のような坂も上る必要がない海辺のジョナサンは便利この上ない。来宮神社前の線路越しにもう一店ジョナサンがあるが、こちらも高台から熱海の市街地を一望できる。

f:id:kenko-san:20170604201342j:plain

名物の花火もばっちり拝める眺望なので、早めに入店して夜までドリンクバーで粘る作戦もありかもしれない。平日・土日とも24時間営業で、ビールやワインのアルコール類も多少は提供している。ビーチに繰り出して砂まみれになるより、ジョナサンで静かに酒を嗜むのが大人の流儀といえる。

f:id:kenko-san:20170604201327j:plain

「ヘルシー日替わり和膳」が健康的すぎる

ランチタイムのメニューは「日替わりランチ(税抜639円)」が最安だが、ドリンクバー付きで979円の「ヘルシー日替り和膳」の方が500円の優待券2枚使うにはちょうどよい。

f:id:kenko-san:20170604201403j:plain

今日は「とうふハンバーグ野菜あんかけ」で、300kcalとかなりのローカロリーである。ご飯はすき家の牛丼ライトのように米でなく「自家製寄せ豆腐」も選べる。今回は雑穀米を選んでみた。

ランチにスープバーが付いているのはガストと同じだ。ドリンクバーは充実しているが、さんざん坂道を歩いて疲れた体には、抹茶オレがおいしかった。

f:id:kenko-san:20170604201446j:plain

豆腐ハンバーグにひじきと切り干し大根、サラダの付け合わせ。普段ならおやつにもならない分量だが、すでにスープと抹茶オレの飲み過ぎでお腹がたぷたぷになっていたのでちょうどよい塩梅だ。

f:id:kenko-san:20170604201509j:plain

ジョナサンで金目鯛を安く食べられる

ジョナサンをガスト&ステーキガストと比べると、全体的にメニューの価格帯は変わらないが、平日ワンコインランチがないのでやや高級感がある。

「金目鯛の煮付け膳」が1,399円で出ていたが、地場産の干物だと3,000円を超えるので、おそらく輸入品だろう。

f:id:kenko-san:20170604201419j:plain

熱海のスーパー、マックスバリュで売られていたミッドウェー海域産の金目鯛は105円だった。同じ金目鯛でも下田で捕れると30倍の値段で売られる不思議な魚だ。

f:id:kenko-san:20170604201435j:plain

熱海の街中にレトロな喫茶店は多く存在するが、タバコ臭かったり一見では入りづらかったりする。とりあえずビーチに付いたらジョナサンの空席を確認してみよう。ここからなら熱海城にも起雲閣にも出やすいので、観光の計画を練るにはもってこいだ。港から高速船で30分、沖合の初島に行ってみるのもいい。