かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

幸楽苑株主優待で特許製法のデュラム粉ブレンド味噌野菜らーめん

 

幸楽苑ホールディングスの株主優待は500円分の金券。290円中華そばがなくなってから足が遠のいていたが、久々に行ってみた。

f:id:kenko-san:20170616095357j:plain

都心に集中出店している日高屋に比べて、幸楽苑は郊外のよくわからない場所によく見られる。住宅街の中の幹線道路沿いとか、フードコードと競争が激しそうな大型モールの前など、他店の逆張りともいえる立地を選ぶところはCoCo壱番屋に近いイメージがある。

f:id:kenko-san:20170616095413j:plain

野菜300gの味噌野菜ラーメンが一押し

5月としては少し早い冷し中華も出ていたが、600円超で通常のラーメンより割高である。390円の「あっさり中華そば」に対して490円の「二代目醤油ラーメン司」という上位メニューがあるが、しょせん100円のプレミアムなのでどこまで違いがあるかは疑わしい。

f:id:kenko-san:20170616095433j:plain

日高屋の定番「野菜たっぷりタンメン」のイメージで490円の「塩野菜らーめん」にでもしようかと思ったが、どうも先ほどから視界にちらちら入る「味噌野菜らーめん」の広告が気になる。店の外から店内垂れ幕、メニューのトップで強調されている味噌味の野菜ラーメンは、今シーズン一押しのようだ。

塩味より100円割高になるが、ためしに味噌野菜の方を注文してみた。野菜は300gでたっぷり目だが、日高屋の350gにはかなわない。

しかし特許出願中の「特製デュラム粉ブレンド麺」というのは気になる。チェーン店の500円以下のラーメンで、麺にこだわったメニューというのはあまり見たことがないので期待が高まる。

幸楽苑の厨房にもリンガーハットと同じ、寸胴を斜めに回転させる自動調理器が見かけられた。ロボット寿司ほど高度ではないローテクだが、誰でも均質に野菜を炒められるコンクリートミキサーのような調理法はアイデアものだと思う。

f:id:kenko-san:20170616095454j:plain

期待通りの太めのちぢれ麺が味噌に合う

野菜はましましというほどではないが、それなりの分量のもやしとキャベツが乗っている。味噌ラーメンにリンガーハットのようなきくらげが入っているのは意外だが、結構量もあってうれしい。スープは醤油ラーメンに比べるとかなり濃厚だが、しょっぱくて飲みきれないというほどではない。味噌ラーメンとしてはちょうどいい塩梅だ。

f:id:kenko-san:20170616095516j:plain

こだわりの麺は見た目がかなり黄色っぽい。何となく喜多方ラーメンを思い出させるもちもちした太麺で、濃い目の味噌スープとの絡みもよかった。博多ラーメンは細い麺だが、味噌ラーメンというと昔から太めのちぢれ麺というイメージがある。想像を裏切らない、標準的な味噌ラーメンだ。

f:id:kenko-san:20170616095533j:plain

塩分控えめを心がけていたが、なかなかこくのあるスープなので、水を飲みつつ完飲してしまった。この内容なら、渋谷で800~1,000円出して食べる専門店のラーメンとクオリティは遜色ない。幸楽苑の味噌野菜らーめんはコスパの高い一品だ。