かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

グルメ杵屋優待、おらがそばフードコート店で珍しいカレーそばを発見

杵屋の株主優待で、めったに行かない地味なうどんやそば屋を開拓している。信州そばのそじ坊に続いて、フードコートにある低価格帯の「おらが蕎麦」に行ってみた。

先月ステーキのどんで1kg横綱ハンバーグを食べて満足したのか、外食でもあまり肉を食べたいと思わなくなってしまった。連休中は好天に恵まれ気温も毎日30度近くあり、体がバテてきているのかもしれない。ステーキよりむしろ、あっさりしたざるそばが食べたい。

おらが蕎麦はフードコートで丸亀製麺に次ぐ人気

郊外のイオンモールは予想通り、いつも以上に家族連れで混みあっていた。そば屋など子供に人気がないだろうと高をくくっていたら、おらがそばには意外と人が並んでいた。隣のケンタッキーやパスタ屋、石焼きビビンバより人気があるのが不思議だ。

f:id:kenko-san:20170506200657j:plain

もう一方の丸亀製麺は、さらにトイレの通路の方まで行列ができていた。気温が高いと胃に優しいそばやうどんが人気なのかと思ったが、よく考えると2店とも最安メニューは500円以下で財布にもやさしい。

結局、天ぷらやおかずを頼んで予算オーバーしてしまう仕組みだが、モールの中で専門店のレストランでなくフードコードに来る客層は価格感応性が高いのだろう。丸亀製麺はさほど待たずに流れ作業で出してもらえるので、回転の速さも行列の長さに反映されているかもしれない。

めずらしいカレーそばを注文

500円の優待券を使うなら税込510円のざるそば1.5玉がベストかと思ったが、メニューの端に見慣れない「カレーそば」を見つけた。吉野家の優待でカレーうどんの千吉にはよく行っていたが、カレーそばというのはあまり食べたことがない。

f:id:kenko-san:20170506200712j:plain

カレーの汁に蕎麦を入れたカレー南蛮といえば昔からある料理だが、そば屋で見かけることが少ない。富士そばでもカレーライスはあるが、カレー蕎麦というメニューはない。

1玉で税込550円と、かけそば・ざるそばより少し高価だが、夏バテ解消のためカレーそばをオーダーしてみた。

そばとカレーのバランスがよい

スープは思ったよりどろっとしていて、スープカレーより普通のカレーライスに近い。具の肉も結構入っていて、CoCo壱番屋でビーフやチキンをトッピングするより安いといえる。

f:id:kenko-san:20170506200726j:plain

主張の強いカレー汁の中でも、そばは固めに茹でてあるのか、しっかり原型を保っていて歯ごたえもある。フードコート店とはいえ、そこは自家製麺をうたっている杵屋グループ。麺のクオリティはワンランク上のそじ坊と変わらないと思った。

粘性の高いスープには和風の出汁が入っているのか、そばの味覚を損なわない程度の薄味。完飲しても胃にもたれる感じはまったくなかった。麺とスープのバランスがよく、完成度が高いカレーそばだ。

f:id:kenko-san:20170506200736j:plain

メニュー表の末端にあってあまりおすすめな感じではなく、ほかに注文しているお客さんも見なかったが、イオンモールでこの価格にしては掘り出し物といえる。ウェブサイトの公式メニューには記載がないのでフードコート店限定かもしれないが、ぜひリピートしたい一品だ。