かくてもあられけるよ

セミリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストの株主優待日記

イケアの住人~ファミリー割引60円のドリンクバーで入り浸る日々

資格試験に向けて、外で快適に作業できる場所を探している。ノマドといいながらも、自宅は快適でお金もかからないので、あえて外に出る必要性は感じない。ただ、花見の季節も終わってだいぶ暖かくなってきたので、気分転換にカフェで勉強するのも悪くない。 

ドリップコーヒーを100円でお代わりできると知って、しばらくスタバに通っていたが、毎日コーヒーを飲み過ぎてお腹が痛くなってきた。

コーヒー以外のソフトドリンクも充実していて、安く快適に過ごせる場所といえばイケアだ。家から少し遠いが、ファミリー会員になって久々にイケアに行ってみた。 

f:id:kenko-san:20170428190421j:plain

ついにIKEA FAMILYに入会

イケアファミリーの特典はいろいろあるが、入会の目的はただ一つ「平日ドリンクバー半額」だ。ただでさえ安い120円のドリンクバーが半額の60円になる。これに50円のソフトクリームや100円のホットドックでも合わせれば、缶コーヒーを買う値段で快適な作業スペースとおやつが手に入る。

f:id:kenko-san:20170428185643j:plain

事前にウェブから登録したが、フォームに「イケアからの取材を希望する」という欄があったのでYesにしておいた。家にイケア製品は一つもないが、オフィスチェアの不要なキャスターロックを外すとか、製品改良のアイデアはいろいろアドバイスできると思う。連絡が来るのが楽しみだ。

メンバーカードは3週間で郵送されるようなので、当面はメールに記載のリンクから開けるバーコードを提示する。カードの代用になるIKEA StoreアプリもAndroid版をインストールしてみたが、レビューで酷評されているとおり何度やってもログインできない不良品だった。とりあえずバーコードで間に合うので、カードもアプリは必要ないと思う。

開店前はコーヒー無料?

近くのイケアは平日10時開店だが「9:30から30分はコーヒー無料」という噂を聞いたので早めに行ってみた。エントランスは開いているが、レストランが営業しているという案内はどこにもない。

f:id:kenko-san:20170428185900j:plain

ひと気のないがらんとした店内を歩いていると、2階に向かうエスカレーターは動いていて、売り場からレストランへの抜け道も通じていた。道がわかっていないと到底辿り着けそうにない。開店前のレストランにいるのは常連ばかりだろう。 

f:id:kenko-san:20170428185909j:plain

特にコーヒー無料という案内もなかったので、ぼやぼやしていたら10時を過ぎてしまった。あとで調べると、普通にレジにカップを持って行けば0円でもらえるとのことだった。仕方なくファミリー割引の60円で済ませたが、平日だけでなく土日も朝早く行けば、無料でドリンクバーを楽しんで長居できるということだろうか。

後日検証したところ、ソフトドリンクは対象外でコーヒーのみ無料とのことだった。

広いレストランで快適に作業

午前中のイケアレスランは意外とにぎわっていた。平日のファミレスで見かけるような、リタイアした老夫婦や子供連れのグループが多い。テレビが置いてあるモールの休憩コーナーやフードコートにたむろしている人たちに比べると、やっていることは同じだがイケアだとなぜか優雅に見える。

f:id:kenko-san:20170428185930j:plain

だだっ広いレストランで、半日ほどテキストを広げて勉強していたが、特にまわりに気をつかう心配はなかった。WiFiもつながるので、これでPC用の電源があれば最高だ。

新年度に入って受験生も減ったようだ。平日でもランチタイムになると多少混んできたが、全席埋まるほどではない。ときどき流れるキャンペーンのアナウンスがうるさいが、それ以外はおとなしめのBGMで作業に集中できる。

疲れたら売り場を一周ウォーキングして、ポエングのチェアでびょんびょん跳ねると体をほぐせる。靴を履いたまま試せるマットレスのコーナーで昼寝してもよさそうだが、さすがの自分もまだそこまで度胸がない。

ミニマリスト的にイケアの展示スペースはおぞましいが、それぞれの小部屋で「こんな家だったらどんな気分かな」と想像するのは楽しい。巨大なソファも、1万円だったら引っ越しごとに使い捨てできそうなくらいだ。

f:id:kenko-san:20170428190036j:plain

大地震で自宅が潰れたら、とりあえずイケアに避難すると快適に暮らせそうに思う。食材コーナーには塩漬けサーモンにニシンの酢漬けと、保存食も充実している。

まずいと評判のイケアめしを開拓

イケアのレストランはまずいことで有名だ。誰に聞いても同じ意見だ。看板メニューのドリンクバーやソフトクリーム以外は値段もそんなに安くないのだが、前回食べたアーモンドケーキは最悪だった。

近年、東京で外食して「まずい」と感じることはめったにないのだが、逆に「確実にまずいメシが食える」イケアは貴重かもしれない。ノルディックウォーターのラズベリー味をまた試してみたが、やはり変な味だった。洋ナシとシトラスも際どいが、レモン味ならまだ何とか飲める。ソフトドリンクは冒険せず、なっちゃんをリピートしておくのが無難だ。

f:id:kenko-san:20170428190049j:plain

食わず嫌いもよろしくないので、ためしにイケアの上位メニューも試してみようと思った。実は朝から149円の温玉カレーが気になっていたのだが、11時頃で販売が終わってしまう朝食限定メニューだったようだ。ほかのカレーに比べて安すぎるが、食べている人を見ると、小盛りのカレーライスに殻付きの卵を添えただけのシンプルな料理だった。

f:id:kenko-san:20170428190102j:plain

4月中は「チキンボール・メキシカン風」がメンバー限定価格で50円引きだったが、通常の「スウェーデン・ミートボール」も4個増量だったので、そちらを選んでみた。ベジタブルメダリオンとソーセージも追加。前から気になっていたザリガニやスウェーデン国旗色のロールケーキは出ていなかった。

f:id:kenko-san:20170428190117j:plain

ミートボールは冷凍食品と変わらない味だが、付け合わせのマッシュポテトは結構いける。599円で12個ならまずまずのボリュームかなと思ったら、プレートの一部に謎の甘いジャムが盛ってあった。これはミートボールに付けて食べるのだろうか。

常にサプライズがあるという期待を裏切らないイケアのフードメニュー。ソーセージはしょっぱすぎ、メダリオンはポテトかと思いきや、なにか香草のような不思議な味がした。

ソフトクリームとホットドッグは2階のレストランでは売られていないので、わざわざ1階入口まで下りる必要がある。レストラン脇のエレベーターから出口までショートカットできるが、それでもかなりの距離を歩くことになる。

100円ホットドッグはピクルスとオニオンが20円の有料になったようだ。

f:id:kenko-san:20170428190136j:plain

ケチャップとマスタードだけで食べたが、やはりパンは紙のような味でぼそぼそしている。ただ、値段を考えればミートボールを食べる代わりにホットドッグを6本食べられる。ホットドッグの大食い大会をやるなら、イケアが安上がりだ。

f:id:kenko-san:20170428190144j:plain

イケアで見かけた新製品&アウトレット端材

運動がてら売り場を一周したが、特設コーナーにバーチ材の椅子が3点並んでいた。イケアにしてはシンプルで、これなら買ってもいいかもと思うデザインだが、価格は5千円くらいする。

f:id:kenko-san:20170428190159j:plain

499円のスツールとか999円のテーブルに比べれば高い方だが、無印良品の無垢材ベンチに憧れる人は、似たようなものがイケアに行けば半額で手に入る。ダボでなくネジ止めだが、その方が分解して引っ越しで運びやすいともいえる。

屋外用の安いテントも出ていた。日よけ程度の機能しかなさそうだが、ぜひイケアにはアウトドア用品にも進出してほしいものだ。

f:id:kenko-san:20170428190210j:plain

レジ横のアウトレットコーナーでは、定番のオフィスチェアやテーブルが50%オフで手に入る。イケアに来たら逆走してアウトレットを先に見た方がよいと思う。少しだけだが、DIY用の端材も売っている。安いが塗装してあったりネジ穴が開いていたりして、使いにくそうだ。

f:id:kenko-san:20170428190225j:plain

スタバほどではないが、イケアのカフェオレやカプチーノもまあまあおいしい。全国の店舗はまだ限られているが、これまで行った港北や千葉、仙台のレストランはどこも快適だった。

開店前に行って無料ドリンクを入手し、最安のホットドッグで腹を膨らませる節約術もまた試してみたい。