読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かくてもあられけるよ

アーリーリタイアしてシェアハウスで暮らすノマドなミニマリストのライフハックブログ

もえのあずきの胃袋に驚愕!ステーキガストのサラダバーへGO

もう20年以上自宅にテレビを置いていないが、シェアハウスのラウンジに大型の液晶テレビが設置されているので、食事どきにたまに観ている。

大食い&株主優待アイドル、もえのあずき

先日の夜、もえのあずきというアイドルが、巨漢の番組ADと埼玉の回転寿司で大食いする番組をやっていた。

2,000円で職人が握る寿司を食べ放題、雛寿司の半額という安さもすごいが、それより驚いたのは、もえのあずきの食事前後の胃袋を撮ったMRI画像だった。以下はイメージ図。

f:id:kenko-san:20170407230204j:plain

「胃が人より伸びる特異体質」と説明されていたが、食後の断面図がとんでもないことになっていた。胴体の下腹部から肩のあたりまで胃が膨れているのだ。ほかの臓器がどこに行ったのか不明だが、こんな状態でも生きていけるとは人間はたくましいと思った。

芸能ネタは疎いので、もえのあずきについて改めて調べてみた。大食いが売りだが、資産家で株主優待のネタも披露しているらしい。それでピンときたのが、去年の日経マネーで桐谷さんと対談していた女性だった。

f:id:kenko-san:20170407230311j:plain

おすすめの優待銘柄を紹介しながら「きづなずしで寿司120貫」とさらっと書かれていたのでおかしいと思ったが、やはりただモノではなかった。

自分も若い頃は「ふえるわかめ」でずいぶん鍛えたものだが、さすがに雛寿司でも100貫は超えられなかった。

ステーキガストの健康サラダバーランチ

ステーキのあさくまで暴食した後、1週間も舌にできた口内炎に苦しめられていた。あまりの痛さに舌癌かと思ったが、ようやく治ってきたので心おきなく外食できる。

フリーになってからというもの、週末が近づくと憂鬱である。モールもフードコートも人でごった返すからだ。「平日限定ランチ」もなくなって、ファミレスのメニューが割高になってしまう。社会人だったころとは逆に、平日を待ちわびながら土日は家でひっそりと息をひそめている。

朝から頭の中で”Larks' Tongues in Aspic”の戦慄のストリングスが鳴っていると思ったら、今日は平日最後の金曜だった。すかいらーくの眠たい目をしたひばりがランチに呼んでいる。

f:id:kenko-san:20170407230627j:plain

もえのあずきのテレビ番組を見てからうずうずしていたので、ぜひ食べ放題のメニューがあるお店に行きたい。

前回は新メニューの499円ランチでお茶を濁してしまったが、やはりステーキガストの「健康サラダバーランチ」を一度しっかりレビューしておきたいものだ。平日なら税抜599円で、サラダバーも混まないだろう。

フォッカッチャやカレーライスの穀物が充実

株主が使える廉価なファミレスサラダバーといえば、ゼンショー系のビッグボーイと、すかいらーくのステーキガストが筆頭に挙がる。吉野家(アークミール)のフォルクスもサラダバーがあるはずだが、近所に店舗がなくまだ体験できていない。

ビッグボーイにはライス&カレーやスープを省いた、リーズナブルなサラダ縛りのメニューがある。

野菜や和風総菜のラインナップはいい勝負だが、穀類の充実度ではやはりステーキガストに軍配が上がる。

ステーキガストの名物といえば、プレーン・バジル・チーズの3種のフォッカッチャだ。サラダを盛るより先に、トースターにフォッカッチャをセットしよう。

f:id:kenko-san:20170407230935j:plain

うれしいことに、今日は数量限定のケイジャンライスが出ていた。見た目以上にスパイシーで、カレーをかけると辛さの相乗効果で汗をかくくらいだ。普通はサラダバーに行くとご飯は後回しだが、ステーキガストではついつい穀類に箸が進んでしまう。

f:id:kenko-san:20170407230947j:plain

具がある本物のスープを飲める

ステーキガストのミネストローネスープは、普通のガストと違ってちゃんと具が入っている。コーンオニオンスープもあっさりしているが、少しはコーンが沈んでいた。

f:id:kenko-san:20170407231006j:plain

平日の日替わりランチは同額だが、スープバーで比べると、やはりガストよりステーキガストの方が格が上だと感じる。最もサラダバー単品ばかりで、肝心のステーキを味わう機会は少ないのだが。

サラダバーのラインナップは、ビッグボーイに比べて豆やマカロニ、冷製パスタがないのは少々寂しい。ただ、旬の菜の花やひじき煮があったのうれしかった。

f:id:kenko-san:20170407231036j:plain

道の駅「八王子滝山」に比べると、キャベツやタマネギは水っぽくて味気なく感じるが、パンとライスも含めたステーキガストのコスパは秀逸だ。

ドレッシングは明太子やニンジンなどの変わり種がそろっているが、お肉用のソースバーを振りかけてもおいしい。「うま塩」あたりがキャベツの千切りによくあう。

f:id:kenko-san:20170407231020j:plain

デザートはオレンジにコーヒーゼリー、フルーチェとプリンの4種類しかないが、プリンがちょうど中間的な甘さで食べやすく、ついつい何度もお代わりしてしまった。

デザートを食べている間もトースターでフォッカッチャを温めつつ、しつこくリピートして10個以上食べたと思う。これで税込647円、優待券を500円使って残りはQUOカードで余さず決済できるから、ステーキガストはつくづく素晴らしい。

もえのあずきの食後が気になる

さすがに食い溜めたので晩飯は不要になったが、もえのあずきの胃袋は大食いの後どうなるのか気になった。一時的に肥大できるとして、消化能力も超人的なのだろうか。それとも人知れず吐いているのだろうか。

 あのまま3日くらいかけて消化吸収して、その間、食事が要らなくなるとしたら、うらやましい限りだ。バイキング系の株主優待で還元率アップするには、大食いで食い溜めできる体質の方が有利に違いない。